夜 に 駆ける コード。 ダイアトニックコードで楽曲分析してみよう!

コードの押さえ方は、基本的に2弦〜4弦の3本となります。

2

「夜に駆ける」のピアノ楽譜を簡単な順に解説 「夜に駆ける」はどの楽譜も右手はメロディー、左手は伴奏という形で書かれていますから、ご自分のレベルに合わせた楽譜を選んで練習しましょう。

3

これぐらい大胆な方がかえって効果的なのかもしれませんね。 ダイアトニックコードで大体分析できる さて、音楽理論と聞くとなにやらジャズの難しい技とか「裏コード」「代理コード」「分数aug」などなど、高度なテクニックを勉強するものというイメージが強いですが、何事も基本が大事というのはここでも変わらず、容易に理解、演奏が可能である ダイアトニックコードのふるまいをキチンとみてあげることが大事になってきます。

」としずかになる部分で転調が使用されています。

16

サビ(ラスト) サビ(ラスト)全体 ここでさらに転調しています。 曲のコードをダイアトニックコードに変換してその曲の基本がどのような演出で作られているかを見ていくことになります。

よりドラムが明確に聴こえますので、 「夜に駆ける」のドラム練習にオススメです! 夜に駆ける 実際に演奏するには 「夜に駆ける」がある程度叩けるようになったら、他のコースの生徒さんたちと演奏してみましょう! LiveArtドラム教室は月イチのペースでセッションイベントを開催しており、バンド演奏を行う楽しさを実感していただいております。 ラストサビにかけては 短3度上( + 3)の転調ですね。 コード進行を見てもらえればこの通りになっているのが分かりますね。

短三度上には転調しやすく、よく使われる転調です。 参考になれば幸いです。 このように随所で楽曲のキーがマイナーとメジャーで行き来することで浮遊感が出ます。

16

「力を抜いて音楽をする」をモットーに音楽に役立つ情報を発信しています。

4