麒麟 が くる 出演 者。 「麒麟がくる」陣内孝則“怪演”今井宗久のお茶にネット緊張 毒茶再び?「ビクビク」「斎藤道三のせい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

であるで育っており、伝手と人脈が豊富が様子が見受けられ、諸国を巡りながらの興行以外に、依頼のあると傭兵や武器を用意して斡旋したり、遠方からの要請に対して人を仲介するなどの仕事も引き受けている。 (じょうじつ) 演: 大和の僧。 光秀とはの学友で、幼い頃から共に学問や武芸を共にしていたが、四書五経を読み終えるのに光秀の3倍の月日がかかっている。

11

Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 利政も時に意見を違えたり従わないことがあっても、自身の考えをおもねることなく明かす光秀の正直さを買っている。

1

斎藤家と敵対していた織田家からの申し入れによって、光秀のことが気になりながらも、当の光秀の奨めもあり信長の正室となる。

20

土岐頼芸の三淵藤英宛書状より。

2

信長の上洛に関して事前に京に潜入して情勢を探っており、時には光秀と行動を共にもすることもある。 光秀らが越前に落ち延びる際には、伝吾らとともに明智荘に残る。

11

10年にわたり信長に抵抗を続けるが、大坂本願寺を出て降伏する。

11

朝倉義景のいとこで家臣・朝倉景鏡役を手塚とおる。

16

正体は竹千代の母・於大と水野家に仕える。

16

一方で女性に関することには鈍感で、帰蝶や駒の自身に向ける恋心、光安や牧による嫁取りの願いに全く気付かない一面も持つが、幼いころの約束のままに煕子と結婚する。 伊呂波太夫(いろはだゆう) 演:(幼少期:) 一座の女座長。 駿河・遠江・三河の市井 [ ] (とうきちろう) 演: 尾張出身の農民。

11