こと しょう ほう 力士。 琴奨菊 和弘 力士情報

予約とかするんじゃなくて急に決める人なので」と自己分析。 今後においても、今においても…」と、大関を務めていた自負もあって、NHKのインタビューを断っていた。 十両 [ ] 新十両として迎えた11月場所は7勝8敗で終えた。

18

十両昇進後は3場所連続で勝ち越し、2005年1月場所に新入幕を果たした。

20

尚、この場所の序ノ口優勝は納谷であった。

明治神宮例祭奉祝 奉納70回全日本力士選士権大会 相手は北太樹関(2011年10月3日撮影) 取り口 [ ] 『平成二十二年度大相撲力士名鑑』()には、得意技が「左、寄り」であると表記されている。

3月場所は、今までの安定感の欠如から、高い水準での優勝、内容が求められる、という条件のもと、初の綱獲り場所となった。

17

MSN産経ニュース 2014. のに相撲留学し、朝昼晩の先輩への給仕や洗濯などの身支度は中学時代の寮生活で初めて経験した。 このままけがで終わりたくないという気持ちが見えた。 初土俵 : 平成12年(2000)3月(15歳9ヵ月)• 2018年のの『相撲めし-おすもうさんは食道楽-』(扶桑社)を紹介した記事によると、大の丼物好きであり、当該記事では夜食の唐揚げのタルタル丼が特にお気に入りだとされている。

1

また、白鵬は「自分も(朝青龍に)稽古をつけてもらったから、今度は(自分がその甥っ子に)稽古をつけてやってね。 508• の新入幕時点では突き押し、四つのどちらかに絞ることは考えておらず、「押すにしても組むにしても、自分から攻めていきたい。