プーチン パーキンソン 病。 ロシアのウラジーミルプチン大統領はパーキンソン病の恐れの中で辞任するかもしれない

去る この病気から身を守るためにプーチンは何ができるでしょうか? ウラジーミル・プーチンで起こっていることを自然の法則と呼ぶこともできます。 これは、体内にドーパミンと呼ばれる化学物質が不足していて、脳に存在するニューロンの数が減少した場合に発生します。 これは皮肉でも冗談でもない」と述べたという。

9

クレムリンでは今月に入って、議員グループが大統領経験者には、生涯にわたって刑事訴追からの免責が付与されるという法案を提出した。 研究チームは考えられる理由として、上司である大統領の歩き方をまねていることを示す証拠があるとしている。 こうした噂を広めると、クレムリンの中でプーチン氏に反感を抱いていた人物が大統領の座を脅かす動きを見せるもの。

4

実生活では、死は最初で最後になります。 -体のバランスが悪くなり始めます。 たしかに彼は手足の痙攣のほか、歩くときに肩が傾いているとか背中に痛みを感じる、腕が痛くて痛み止めを服用しているなどの健康不安説が出ました。

20

その際もペスコフ氏が「完全に健康で、握手をすれば相手の手の骨が折れる」と否定。 そのため「この新たな歩き方の表現型を『早撃ち名人型歩行』と命名することにした」と説明している。 そこで、研究チームは「独特の歩き方は、武器使用の厳しい訓練で身につけた所作ではないか」という仮説をたてた。

プーチンの映像を見た専門家が、脚が絶えまなく動き、ペンを持つ手が痙攣しているように見えると指摘。 しかし、どんなに強力な人でも、時間的に強くなることはできないと言われており、おそらく今日、プーチンは同じ真実に直面しています。

2

免責という特権を手にしてから病気引退するつもりではないかと騒がれた。

ロンドンの大衆紙サンは「ロシアのプーチン大統領にパーキンソン病の疑いがある」と報じている。 こうした噂を広めると、クレムリンの中でプーチン氏に反感を抱いていた人物が大統領の座を脅かす動きを見せるもの。 プーチンの映像を見た専門家が、脚が絶えまなく動き、ペンを持つ手が痙攣しているように見えると指摘。

20