サーブ 車。 サーブ・オートモービル

2012年には再び売られ、中国系資本のNEVS傘下になりますが、そこでも2014年に破産申請をするというような状況です。 売上のうち、軍事・防衛用途が約85%を占めており、民間用は約15%である。 (ナイン・ツー・エックス; ) がベースの。

11

9-5の2代目の方は9-3と比べて設計も新しく、5mを超える大型ボディとプレミアムセダンという点もあり、メルセデス・ベンツやBMWのセダンとも十分比較の対象になるのではないでしょうか。 当時、一般的ではなかったを搭載していたこと 99ターボ:1978年デビュー も特筆に値します。

9

サーブの車名には「9」が付きますが、これはコードナインといって民間向け製品を意味しています。

6

1990年以降は大きく変わっていきます。

20

Wi-Fi機能の搭載やソフトウエアの自動アップデートのほか、スマホにカギの機能を持たせるなど、従来の自動車の型にはまらない姿勢を示した。

17

再開 [ ] 2012年6月に「社(NEVS 」が、サーブ・オートモービルを買収することを発表し、2013年後半から「9-3」の生産を中国工場で開始するとしている。 - 艦載• - レシプロ単発練習機。 9-3のプラットホームはオペルなどと共用しています。

14