ミンストレル ショー。 英国の常識では時代遅れに見える日本のテレビ

ミンストレルのユーモアは単純で、どたばた喜劇(Slapstick)と駄洒落を強くあてにしていた。 初期のブラックフェイスの歌は、しばしば一般的なコーラスと共に並べた関係のない歌詞で成立した。

13

日本同様、ありとあらゆることが対象となるが、日本と比べてより鮮烈にかつ激しく行われるのが「権威と見なされるものをコテンパンに風刺し、笑う」ことだろう。 このほか、ナチスやヒトラーを称賛するような描写もご法度だ。

8

脚註 [ ] 82, シェークスピアの時代以降、オセロのキャラクターが黒くメイクした俳優によって伝統的に演じられたと断言している。 ジャズダンスとは? ダンスの歴史を考える上でジャズダンスはバレエと同じくらい重要なダンスです。 つまり、今回のコスプレに関しては、当事者性が否定されているのです。

8

例えば、2000年のの映画「Bamboozled」では、現代のブラック・エンターテインメントは、1世紀前にミンストレル・ショーがしたのと同じくらいアフリカ系アメリカ人文化を食い物にしていると主張されている。 1910年代になると、ラジオや映画の普及によって、その大衆芸能としての地位を失う事となる。 このショーは19世紀から20世紀初頭のアメリカで流行した、白人のコメディアンが肌を黒く塗り、黒人を演じるステージで、実はペリーが黒船で日本にやってきた際にも余興として演じられたことがあるそうだ。

これらの登場人物は馬鹿げていたという点で最高で、グロテスクという点では最悪であった。 マ・レイニーとベッシー・スミスに加えて、、ブラウニー・マギー、ルーファス・トーマスなどの後に「ザ・フッツ」で働いたミュージシャンたちがいて、会社は1950年後半まで巡業をしていた。

19

ミンストレルたちは、彼らの奇妙な言語(チンチュンチャンと聞こえる)、変な食習慣(犬や猫を食べる)、そして弁髪をつける傾向から彼らを戯画化した。 彼らは確かに白人客の頭を超えて来る多くのジョークを受けたか、または風変わりな気晴らしとしてだけ印象に残した。 強面の司会者エド・サリヴァンが、自らの鑑識眼で選んだ歌手やダンサー、芸人たちを紹介する「エド・サリヴァン・ショウ」(1948~71年)は、ヴォードヴィルの構成に倣っていた。