酪農 の さと。 令和2年度おいしい牛乳をありがとう絵手紙コンクール/千葉県

乳牛の生態、酪農技術の進歩などをパネルと展示の道具等を通して、わかりやすくした資料館です。 また、季節ごとのイベント、子供向けの食育講座、大人向けの歴史講座、各種体験イベント等も行っております。

17

また、酪農家が小学生からの絵手紙により元気をもらい、生産意欲向上の一助とするとともに、酪農業への理解醸成、学校給食用牛乳の飲み残しの削減、牛乳の消費拡大につながる取組とします。 それと、なんと言ってもソフトクリームですね!!自分も好きなので、結構あちこちで食べていますが、ここのソフトクリームは風味といい、味といい、他と比べてもダントツの美味しさです。 この同時期に、少数の輸入牛も放牧し、牛の乳を加工したものを製造し、江戸幕府に納めていたことから、「日本酪農発祥の地」として、日本酪農の基盤を作ったと言われています。

11

嶺岡牧場に始まり、明治時代には家産を投じての牛の導入、初めての外国からの輸入、何回も失敗を重ねた煉乳事業への挑戦、東京への牛乳輸送の試み、組合の結成等安房酪農百年史を見ると、一つ一つの歴史が畜産発展への情熱をかけた壮大なドラマである。 いち早く乳牛産地として成立した安房郡では、ホルスタイン純粋牛の繁殖育成によって農家に高収益をもたらした。

13

絵手紙の制作を通じて、小学生の牛乳及び酪農業への理解を深めるとともに、小学生からの絵手紙により酪農家等が元気をもらうことを目的に実施しています。 これら種雄牛によって大正中期以後安房郡に於ける乳牛改良は一層拍車がかかり、組合検定でも日量2斗を越える牛が続出し、最高一日乳量は大正10年には2斗570、大正11年には2斗744、昭和3年には3斗313の驚異的な記録を樹立するに至った。 でも手や足を浸けて遊べるくらいには綺麗な小川です。

二次審査 実施期間:11月10日(火曜日)~12月6日(日曜日) 場所:(南房総市大井686) 午前9時30分~午後4時30分、最終入場4時 毎週月曜定休、月曜祝日の場合は翌平日定休 実施方法:酪農のさとの来場者352名が、展示されている一次審査通過作品から「あなたの心に響く作品」を各部それぞれ10点選び、票数の多い各部上位約50点を選考しました。 酪農のさとの周辺地域は、日本酪農の礎を築いた歴史的な財産がたくさんあります。 入賞作品 千葉県知事賞 低学年の部 千葉市立検見川小学校1年今田夢菜 高学年の部 千葉市立寒川小学校6年米長美琴 千葉県牛乳普及協会長賞 低学年の部 高学年の部 千葉県酪農農業協同組合連合会長賞 低学年の部 高学年の部 千葉県学校給食用牛乳供給事業連絡協議会長賞 低学年の部 高学年の部 優秀賞 低学年の部 高学年の部 表彰式 表彰式は新型コロナウイルスの影響により中止し、各学校へ賞状及び副賞をお渡ししました。

ここで採れた牛乳を使った味の濃いアイスクリームなんかも販売されていますから、ぜひ購入されてみてはいかがでしょうか? この日もお買い物をしているお子さんや、おみやげを購入されている観光客の方も居ましたけど、結局覗いてもここまでなんですよね。 ご応募ありがとうございました。

3

ここでは地元嶺岡で採れた新鮮な野菜や果物をリーズナブルなお値段で置いてあります。

9

千葉県酪農のさとは、県民が酪農に親しみ、その歴史について学ぶ機会を提供することにより、県民の酪農その他の畜産に対する理解を深めることを目的に日本酪農発祥の地に建設したものです。

12

用紙については4切の画用紙 募集対象 安房郡市内にある小学校の児童 応募方法 別添に必要事項を記入の上、作品の下に貼り付け 小学校ごとに別紙により取りまとめた上、持参又は郵送する 提出先 〒299-2507 千葉県南房総市大井686 株 ちば南房総 酪農のさと管理センター 審査員 高橋澄子先生 元大潮会委員並びに審査委員 朝倉 暁先生 安房美術会会員 審査発表 応募のあった各学校に通知する 展示場所 千葉県酪農のさと 多目的ホール *出品点数が多数の場合は、優秀作品のみ展示 表彰 出品者全員に参加賞と、優秀な作品を出品した方には、賞品を差し上げます 注意事項 氏名公表 その他個人情報の取り扱い• 原則、過去1週間以内に海外から入国(帰国)した方の、入場可能区域への入場をお断りしております。

4