道楽 に 夢中。 「憂き身をやつす」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

すでに就職し仕事の楽しさと苦みを知り日々埋没していた日々。 普段身に付ける服を意味する「衣類」と「かに道楽」といった言葉においても使われている、好んでいるものに対して夢中になる様を表した「道楽」という言葉が合わさることによって成り立っている四字熟語です。 例えばフィンランドではサウナがそうでした。

6

そして現代、昨日と同じ時間を過ごす得体の知れない所在なさを感じながら生きる多くの人がいる。 だからバイクに夢中になり始めた時に、若い時に手を出そうと思わなくて良かった、と思った。 今、已に道楽を得る 本職でないことに没頭したり、好ましくない遊興にふけったり、現在、日常語としての「道楽」は、本来の意味からかけ離れ、あまり好ましくない表現として使われているように思います。

2

衣装道楽の由来 「衣装道楽」という言葉は、日本の明治21年の1888年から昭和58年の1983年まで活動していた、里見弴 さとみとん という小説家が1919年頃に連載を開始した 今年竹という作品の中で「衣装道楽」という言葉を用いており、これが由来であると考えられます。 しかしながら現代では、仏教のことばとしての「道楽」はいずこかへいってしまっています。 もちろん、場合によっては純粋に驚嘆や感心も込めている事もありますが、多くの場合では「なぜそんな事をするの?」というが感じられます。

5

身持ちのよくない人間とか、怠け者を、一般に「道楽者」といいます。

14

【出典】 『春秋左氏伝』 【注意】 「膏肓」を「膏盲」と書いたり、「こうもう」と読むのは誤り。 指先の感覚だけが頼り。

10

「趣味にうつつを抜かす」場合によってはこれもいいのではないかと思います。 語源はうつつの「夢見心地」なニュアンスから来ているそうです。

1

間連語• キャンプや釣り、ジョギングやハイキングもいいですしアイロンかけや、洗車、靴みがきなど、黙々と集中できるルーティン作業も、ささやかな夢中シェルターになり夢中を妨げる要因から、自らを解放してくれたりします。 例えば芸能人やアイドルにハマった場合などはこの言葉がよく使われます。 「血道 ちみち をあげる」 主に異性や道楽に分別がつかないほどのぼせ上がることを意味します。

19

暮らしのもっとも身近にあった石遊び。 気軽に行けるのはもちろんのことですが、裸ですし、中にはスマホなどの電子機器は持ち込めません 物理的遮断 そこではただ十数分、汗をかきながら自分自身との対話の時間が流れるのです 思考的遮断 いずれにせよ、最も大切なのは自分にあった夢中シェルターを見つけること。

4

単なる趣味の楽しみに変わってしまったような気がします。 。

10