ゴルフ スイング コック。 スイングのウソ、ホント その4 「正しいコックとは?」

コックについてもっと関心を持っていきましょう。 そうした点は スイング全体のバランスとの兼ね合いもあるし 個人差もあるから 個々が 時間をかけて じっくり研究して 答えを見つけ出すべき研究課題である。

2

そこでトップの位置でコックの形を維持したまま、右ひじを左腕に向かって押し込むイメージでスイングしてください。 スイングでもっとも重要な部分は手首と言っても過言ではないですね。 しかしこのコックの仕方は、スイングごとにトップの位置でコックする量(手首を曲げる角度)が変わってしまいやすいデメリットも存在します。

2

ただし、ゴルフクラブは、金槌のような短いものではなく、ドライバーとなると、自分の身長の半分以上もの長さ、という人も、少なくありません。 プロや上級者のインパクトがハンドファーストになるのは、ボールを強く押せているからです。 まずコックを正しく使うことで腕の動きがしなやかになり、結果としてクラブヘッドが身体の近くを通るインサイド軌道になることでより正しいインパクトを迎えられ、ボールの軌道が安定していくのです。

8

まず、アドレスしていつも通りテークバックします。 アマチュアゴルファーは手の平のほうへ折る人は少なく、大半が左手甲側に折っています。 このコックの仕方では、 テークバックの勢いのままにコックを入れることができますので、スイング中に違和感なくコックすることができる点です。

6

で、このままゆっくりとインパクトへ戻ってきたらわかると思いますが、フェースが開いていると思います。

8

コックの量が変われば当然ダウンスイングの軌道も変わってきてしまいますので、それだけミスショットもしやすくなってしまいますよね。 ここでは、手首だけを意識して動かしたりはせずに身体の動きを腕と同調させるように意識しましょう。

3

まずは胸の回転が大事!目標は90度 バックスイングでは、まず 胸が右90度を向くように回しましょう。 ロブショットやバンカーなど横の動きを入れないと打てませんので、積極的に取り入れてもOKです。 正しいコックを学んで自分のものにすることこそが、上級者へステップアップしていく道なのです。

5

胸を右側に90度回すと、 アゴの下に左肩が入ると思います。 フィニッシュの位置では、手首を最初のコック状態に戻った状態にします。 基本的には、右手首が背屈(甲側に折れ曲がること)方向に入ることになります。

12