Zoom ブレイク アウト ルーム ホスト。 Zoomのグループ分け(ブレイクアウトルーム)機能をわかりやすく解説!

ブレイクアウトルームは細かい設定もできる グループ分け後のホストの操作方法 Zoomのブレイクアウトルーム中にホストが使うことのできる権限を紹介します。 Zoomの特徴だけではなく、主催者が使用できる機能などをしっかり学ぶことができます。 そんなときに共同ホストを設定し複数人のホストで参加者を管理することができると参加者の人数が多くなっても管理がしやすくなります。

4

全員を各セッションに割り当てた場合、 ホストは全体ミーティング会場で一瞬ぼっちになります。

共同ホストにしたい参加者を選択すると、「詳細」の項目が出てくるのでクリックします。 ブレイクアウトルームのトラブル対処法 初めてブレイクアウトルームを使用する場合、うまくいかないことや分からないことも出てくると思います。 続いて、実際にZoomでブレイクアウトルーム機能を利用する場合の操作方法と注意点について詳しく見ていきましょう。

16

開始前に参加者を事前割り当てする方法• 以上でホスト権限の委譲は完了です! とても簡単に設定できて、会議やセミナーの運営が楽になります。 共同ホストのメリット 有料プランにアップグレードすることで可能になる共同ホストですが、 ミーティングの参加人数が多くなればなるほどメリットが生まれます。

多くの参加者がディスカッションをする場合、全体で一斉に議論をするよりも、少人数ごとに分けて意見を交換させるほうが活発な議論になります。

14

デバイスの容量を圧迫する Zoom無料版ライセンスでは、クラウド記録(クラウドレコーディング)機能がないため、ローカルに記録するしかありません。 一度セッションに割り当てられると、その参加者の名前は別セッション割り当て時にはリストされません。 手順は以下の通りです。

3

できれば自分以外に最低1人、手伝ってくれる共同ホストがいた方がいいでしょう。 振り分けされた後、ルームの追加やメンバー移動をすることも可能• ブレイクアウトルーム数と参加者の最大人数 ブレイクアウトルームで作成できる部屋の数は上記の表の通り。 グループワークで役立つ共同ホストの複数設定機能なども有料版だけの機能のため、ビジネスでブレイクアウトルーム機能を活用する場合は有料版Zoomがおすすめです。

任意の部屋数を選択し 最大50 、「手動で割り当てる」にチェックを入れれば作成完了です。

再作成したいときは、 再作成を選択し赤枠の ボタンをクリックすればOKです。 同時参加人数が100人以下なら一番安いproで大丈夫。 Zoom Roomsと呼ばれるミーティング会議システムを利用していると、ブレイクアウトルームは利用できません。

3