左手 の ため の 二重奏。 【超感動】『左手のための二重奏』2巻あらすじ&レビュー【私の支えや夢ってなんだろう】

灯と話すうちに価値観が変わっていくシュウだが、直後に事故で灯を亡くしてしまう。 さきほどの演奏を聴いた同じ中学の生徒たちが、 彼女の噂をしています。

8

ピアノも手と同じくらい不思議な楽器だ。

10

「灯をピアノばかりの人生にしてしまった…怒ってないといいんだが」 という父に、シュウはつい弓月は今でもピアノが大好きで、 自分の音も父の音もだと告げる。 そんな中でも灯の父に手紙を書き続けたが…受け取り拒否だった。 まるで私から切り離された自治区のようだ。

13

結果:ポチって正解。 それが嬉しかった弓月。 社会人になってくると、初めてのプレゼンや初めての商談などなど。

謹慎中にもかかわらず誰 殴ったんだその傷と先生に心配されながら体育館に連れて行かれたシュウ。 その矢先に突然事故に遭い「あかり」は亡くなり、「周介」は一命は取り留めたものの左手が全く動かなくなってしまう。

今となってはその予想が、いい意味で裏切られて、ワクワクしています! 想像も出来ませんが、これからそれが始まっていくはずです。 そんな周介に、教師はあれは事故だったのだから、 負い目を感じるなと言います。

10