ユニバ g。 封印されたトンデモ映画!! あのヴァン・ダムも自社商品“ユニバG”に出演させた大神源太とは? (2016年6月2日)

) 「ユニバG物語」はフィリピンを舞台に、ユニバG(健康飲料)の販促用ビデオとして制作された映画です。 ユニバG販売事業 [ ] ジー・ユニバーサルが手がけていた事業で、を原産とするの葉を原料とする茶「ユニバG」を、「予防に役立つ」「薬餌飲料」とPRして販売した。

1

逮捕される直前に、大神会長はフィリピン人の妻に電話をしているところが目撃されていました。

9

大神源太さんが残した名言とはどのような言葉があったのでしょうか?. ジー・オーグループ詐欺事件を起こした大神源太 このジー・オーグループ詐欺事件の主犯格であった大神源太さんは、1963年生まれの福岡県生まれです。 それでは、情報を精査したのち報告させていただきます。

20

この会社を窓口に一般市民から投資を集めたのです。 この事件は2002年に発覚した際に、主犯格であった大神源太さんが逮捕されました。

ジーオーグループには、他にもグループ企業があり、それは「ジー・ユニバーサル」や「神埼共栄開発」、「みなもと債権回収」、「ジー・オー・フィルムインターナショナル」、「大義新聞社」などの会社ですが、これらのグループ企業も実際にほとんど企業活動は行われていませんでした。 まるで映画『ランボー』の主人公のようになりたかったと思われる大神源太は、「世界40カ国で上映し、180億円の興行利益を上げる」と豪語していた。 白装束に身を包み、頭には鉢巻を巻いた大神源太が二刀流で日本刀を振り回す。

10

大神源太は1995年にも詐欺事件!? 大神源太は1995年にも化粧品会社を立ち上げています。 するとグループ企業のほとんどはペーパーカンパニーであり、実際には通信販売は行われておらず、商品も存在しないことが判明した。

9