わきまえ ない。 「ダイバーシティ・ポジティブ」の時代 へ 森会長女性蔑視発言 “わきまえない女性たち”が日本を変える力を生み出す

「党員」には、男社会で「わきまえながら」闘う官僚や議員の女性もいました。 アンケートの体験談を読み、当時の振る舞いを改めて恥じました。

2

ところが、福田さんは森さんの能力や資質に根本的な疑問を持っていたため、総理に仕えるという感じはなく、ビジネスライクに後始末をしていた。 3割いて初めて、多様な意見が出ます。 お稽古ごとでは先生から叱られ続けです。

この我が世の春の時代に、森さんは町村(信孝)さんや細田(博之)さんといった派閥会長たちに先輩としての影響力を保ち続け、失脚した中川秀直さんなど自分の取り巻きたちを大臣や党のポストに押し込み続けたのです」 むろん清和研の幹部の中にも、森元首相の能力と政治的な影響力のギャップに眉を顰める有力者がいなかったわけではない。

就職前は女性が多い職場に入る不安もありましたが、和気あいあいとした雰囲気で働いています。 元女子アイスホッケーのカナダ代表でIOC(国際オリンピック委員会)のヘイリー・ウィッケンハイザー委員も、公式Twitterで「オールドボーイズクラブ」というハッシュタグとともに、痛烈な皮肉を投稿している。 文明子さんは、90年代に金日成インタビューをしたこともある大物で、金正日総書記とも親しかった。

2

中には、女性の看護師の方がケアが上手、男性は優しくないといった印象を持つ方もいると思います。

11

ハラスメントをしやすい人はいますが『それが容認される風土』があるから、やるのです。 「ハラスメントは『個人の問題』で片付くものではない。 今回、JRのバリアフリー非対応を問題化した伊是名夏子に対して「駅員がかわいそう」「感謝が足りない」といった批判が向けられたことによって、「わきまえない障碍者」への憎悪感情が可視化された。

12