ハイル ヒトラー。 ナチス・ヒトラー礼賛が絶対ダメなわけ

どんな言葉だって、その姿が発する声ほど、身の毛もよだつ、言葉にならない非人間的なものはない。 これが「完全な」というイメージにつながる。 部屋でひとり悦に入っているヒトラーの姿が公開されれば、大衆の大多数は幻滅しただろうからだ。

17

と思ったら、ギリシャでも厳しかった。

16

ヒトラーが飛行機から降り立つと、「ハイル、ハイル、ハイル」の大合唱だ。 19世紀ロマン派歌劇の王様で、「ニーベルングの指環」、「トリスタンとイゾルデ」など、荘厳かつ芝居がかった楽曲で名声をえている。 (本名はアドルフヒトラーだが、民衆がヒトラーへの忠誠、賞賛するときの掛け声は ハイルヒトラーでした。

10

ということで、発禁の理由は、ひとえに「題材=ナチス」。 ニーチェもしかり。 <ユダヤ人たちが処刑された場所> ポーランドには200万人以上のユダヤ人が住んでいたために、全員を追放することは不可能に近かったため、まずはアウシュビッツに隔離し、強制労働に従事させます。

まずはそこから自覚してみるのもよいかもしれません。

20

「欧洲紀行 (横光 利一. 戦後、パリ市民からリンチを受けて丸坊主にされた。

このテクニックは話の内容を理解させ、自分の感情に共感させるという特徴があります。 今でも標的にされていますしね。 その時に思ったんですが… 「ハイル・ヒトラー」は「ヒトラー万歳」だけじゃ無く、「ヒトラー最高!」とか「ヒトラーだ!」って、歓喜の声だったのでは?って。

14

ホテルに到着すると、母と娘がヒトラーに花束をわたし、笑顔でこたえるヒトラー。 日本で認知されてる事件なので、ドイツ国内で調査すればこれ以上の事件が発覚すると思います。

18