約束 の ネバーランド 163。 約束のネバーランド163話ネタバレ考察と感想「反転」(19巻収録予定)

引き連れている鬼がまた何だか異様で不気味な感じ。 「神は我々に生きる選択肢を残されるのだ。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」162話より引用 そんな部下達にピーターは、狼狽えるな、却って好都合だと言います。 その目は仄暗い穴のように底が深く、盤面を黒で支配してしまっている状態。 さらに恐れていたことが起きた、と語り始める大僧正様。

そもそも各家臣団はバラバラで、まとまるはずもなく、ソンジュにとってこの事態は考えられないことだった。 かつて交わされた「約束」によって、王への信頼は揺らぎ、寺院もかつてほどの影響力をなくしていました。

11

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」162話より引用 そこには、祈りを捧げる格好で鎮座する、5人のミイラのような姿がありました! 仮死状態の大僧正達を復活!? 5人の姿を前に、一瞬人形か死体かと思うムジカ。 エマたちがGF農園に来るのは確実だからである。 しかしイザベラといえば、エマたちが脱走した際にロープを回収していました。

5

「よかった…!」 「お久しゅうございます。 来週の164話はこのことを踏まえて、エマ・レイ・ノーマンのターンがやってくることだろう。

18

それでも滅び、殺すしかなかったのは残念だと答え、1000年前に寺院の力が及ばなかったことを、大僧正様はソンジュに謝ります。 2020年1月4日 土 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド 約ネバ 本誌163話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 賊徒を殺せ」と。

14