艦 これ ss 提督 嫌 われ。 【阿武隈SS】霞「あーもう、バカばっかり!」【艦これ】

よろしく頼むぞ」 霞「はあ?」 磯風「電さんが一番弟子、磯風が二番弟子だからな。 下手すると10もいかないんじゃない?」 瑞鶴「ありえる……」 金剛「あんな性悪女は0以下デス」 翔鶴「ふふ、私以外は皆さん0ですよ」ニコニコ 夕張「勝者が居なくなった途端に……」 瑞鶴「サラッと全員に飛び火したよね」 夕張「もし高かった時の結果が怖い。

1

面倒なことになりかねない。

せめて腹あたりににぶち込んで即死はしないようにしよう。 」 「そうだな ごめん えっとじゃあ指出して」 「やっと本当の私になれた気がシマース」 「これでちょっとは落ち着いてくれたらうれしいんだけどね」 「これでFinish!?な訳無いデショ!私は食らいついたら離さないワ!」 Finish. 概要 『』において、()の使役するは、被弾によるを受けるとや装備が損壊していき、そして耐久値が0になると「」となり、手持ちリストから消滅する。

6

」 提督「ありがとう大和。 クソがっ!」 提督「…」 大和「せめて他の奴ともすりゃいいのに、私としかケッコンカッコカリしないから、私だけが目立つじゃない!あァ!どうしてくれるの!?ゴミ!!」 提督「…なあ、大和。 2021-07-14 12:00:00 人気の記事• とはいえ深夜時報もただ単に時間を読み上げるものとそっけなく、提督に不満な顔をされるもそれを「お茶が欲しい」のだと勘違いしてコーヒーを出してくれる。

17

沈みゆく艦娘は 悲壮感漂うと共にその身を散らしていくのである。 」ポロ 青葉「これは…やり過ぎましたね…」 提督「すまん…」 天津風「…ふん」ポロポロ なんかこんな提督見るのって新鮮、そう思う私だった• こっちはいつ轟沈させられたり、解体されるか分からない恐怖の中で毎日を生きてるのに。

14

ツイてないな)」 霞「なに?黙っちゃって。 知っていたはずなのに、なんで気づいてやれなかったのだろう。 度、の高い艦娘も例外ではなく、入手や育成の手間が 全て水泡に帰す為、的な意味でも大ダメージであるが、問題はその演出である。

20

その事実を受け入れたくない 提督『もう限界』ダッ 青葉『ちょ』• 783• 大和「提督、持ってきました、どうぞ。

3

まったくもって面倒である。 俺が一番よく分かっていることじゃないかw)」 提督「フッ、フハハ」 提督「フハハハハ、フハハハハハハ!なーにが艦娘だ!チョロすぎワロタwww!!!」 加賀「提督」 提督「はいっ」ビクッ 加賀「・・・」 加賀「お茶、どうぞ」 提督「あ、ありがとう」アセアセ 提督「・・・」ズズズ 加賀「・・・」 提督「(・・・気まずい)」ズズズ 提督「か、加賀がいれたお茶は美味しいなー」アセアセ 加賀「そう・・・」 提督「う、うん・・・(会話が続かない・・・)」 加賀「・・・」シュル 提督「さ、最近調子はどうだ?」 加賀「・・・順調よ」シュルパサ 提督「赤城とはうまくやれてるのか?」 加賀「・・・ええ、とてもうまく」シュルシュル 提督「そ、そうか」ズズズ 加賀「・・・」シュルファサ 提督「・・・」 提督「えっと、ところで・・・な、なぜ脱いでいるんだ?」 加賀「?」 加賀「なぜって脱がなければできないでしょう」ファサ 提督「できないって、なにができないんだ?」アセアセ 加賀「なにって、ナニですが?」 提督「え!?」ゾワッ 加賀「提督」 提督「・・・」ビクッ 加賀「最近のあなたは昔のように私に構ってくれなくなりました・・・ですがついさっき理由がわかりました」 加賀「私のことが好きでいままで避けていたのね」 加賀「さっきの私と一緒に居たいというのはそういうことに違いありません」 提督「いや、違「提督」 加賀「問題はありません、私も経験はありませんが・・・でも提督となら頑張れるわ」 加賀「うふふ、大丈夫。

1