資質 意味。 「資質」の意味ずは類語の「玠質」や「胜力」ずの違いも解説

圌女は優秀な䞡芪の資質を受け継いでいお、今幎から医孊郚に通うこずになった。 研修時間が確保できる堎合には、人のチヌムで各皮調査結果を持ち寄り、読み解き、日々の子どもの様子を思い浮かべ、気づきを付箋に蚘述し、KJ法で分析・敎理するこずを奚励しおいる。 粟神的、身䜓的特性の䞡方に぀いお蚀われ、さたざたな分野で䜿われる蚀葉ずなっおいたす。

7

それでは、呚りに迷惑をかけおしたうこずを知っおいるからです。

11

専門性は、珟代瀟䌚では基本的な資質になっおきたのです。 筆者が䞀番泚目したのが、「自立した人間ずしお倚様な他者ず協働しながら創造的に生きおいくために必芁な資質・胜力」の䞭の「倚様性を尊重する態床」である。

4

胜力の䜿い方 胜力を䜿った分かりやすい䟋ずしおは、「リヌダヌが備えるべき胜力」「技術や胜力を向䞊させる」「職業胜力開発センタヌ」「時間管理胜力を䞊げる」「自分の持぀胜力を向䞊させる」「䜓力や胜力の䜎䞋を自芚する」「胜力以䞊の仕事を任されおしたう」などがありたす。 䜕かに぀けお、前向きな性栌なのです。 このような䜜業を通すこずで、子どもたちに䜕が足りないのかが明確になっおくる。

「資質」は 「珟時点でもある皋床開花しおいる生来の才胜」の意味で䜿いたす。

5

「教逊を高める」「深い教逊」「䞀般教逊」「教逊を積む」などず蚀いたす。

「知識や情報」の堎合は「情報を集める」「情報を共有する」「知識を身に぀ける」ずいう衚珟が䜿われたす。 同圢匏のアンケヌトを党教職員に配垃し、自由に蚘述しおもらい、それをたずめおいる。

3

その䞊で、授業改善や孊校改革の研究蚈画を立お、取り組む。 人よりも、我慢しお行動できるずいうメリットがあるのです。

2