人生 会議 の ポスター。 【消えた?本当に伝えたかった】人生会議ポスターの意味

ごく簡単に解説すると、まずポスターで使用されている写真が吉本興業の有名な芸人さんが、まさに臨終の状況で「まてまて、こんなんアカンやろ!」というぎょっとした表情を浮かべ、それが全体的に青白い背景の絵になっていること、心電図モニタの波形がまさに平たんになっていく画像イメージ、また、その写真とともに表記されているテキストが、事前にこのような臨終の状況にどうしてほしいかということを話しておかなかったことに対する後悔について表現されている、という内容のものです。

18

そこでのでした。

20

・実際に終末期になったときは、改めて医療者との話し合いがされる。 禁煙でも覚醒剤でも、啓発しようとしたら必ず傷つく人はいます。

6

もしこれから家族が亡くなるとしたら本人の希望通りに看取りたいし、その後のことについても意思を知っておきたいと思います。 実際は、このような死の直前に、小藪さんのセリフのように考えることは困難でしょう。 そして、あなたは生きる希望にかけて延命治療を選択するのではないでしょうか? そして1ヶ月、意識が戻らない状態が続いたときに、あなたと家族はどんな選択をすべきか。

10年の間には、いろんなことがあり、いつの間にか血管が弱っていたんですね。 結婚記念日などの節目に、夫婦でこの先の生き方・逝き方の両方を考える時間にしたらどうだろうかという提案でした。

20

・誕生日や元旦など、節目節目に定期的に見直す。

8

その方法とともに、意義や意味もまた周知される必要があると考えます。 なぜそんなことを元気な人たちに投げかけるのか。 病院掲示用、一般掲示用と分けて作成すれば良かったのではないか を挙げておきます。

1

要はバランスが大切で、「思いを正しく伝えたい」という部分と「ポップに認識を広めたい」という部分がさらに良い形で統合されればいいなと思っています。 その気持ちは十分にわかります。

11