乳酸 アシドーシス 症状。 メトホルミンの副作用:乳酸アシドーシス【薬剤師がわかりやすく説明】

血液サンプルは通常静脈から採取されますが、動脈から採取されることもあります。

2

糖尿病• 運動をするとできる老廃物として、乳酸が紹介されていることをよく目にするでしょう。 鑑別疾患:• そのため、初期症状が現れたら、可能なかぎり早めに休薬や減量するなど対処する必要があります。

9

分類 原因となる病態 呼吸性 アシドーシス COPD(慢性肺気腫など)、呼吸筋の障害、呼吸不全 アルカローシス 過換気症候群、一時的な肺機能の低下 代謝性 アシドーシス 腎不全、下痢などによる腸液の喪失、ケトアシドーシス アルカローシス 反復性嘔吐(肥厚性幽門狭窄症)、原発性アルドステロン症 呼吸性アシドーシスでは、呼吸数 換気量 の減少が起因し、それに伴う呼吸器系のさまざまな疾患が原因となるため、どのような疾患が起因しているのかを正確に判断する必要があります。 事例86• そして新しいエクササイズを始める前に医師に相談してください。 これらの薬を服用していて、乳酸アシドーシスの症状がある場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

13

腎機能が落ちている人 腎臓の機能が落ちている人は、メトグルコを外に排出することができず、薬の作用が強く働くことで乳酸アシドーシスを起こしやすくなります。

1

乳酸アシドーシスの診断・治療のアルゴリズム :• 乳酸が引き起こしているわけではないのです。 すると、 嫌気的解糖(酸素が足りないため、体が糖を乳酸などのエネルギーに変えてしまうこと)が進むことにより、乳酸が増加し、乳酸アシドーシスの発現率が上昇する可能性があります。 下痢や嘔気、食欲不振、腹痛など、症状は軽度なことが多い• 最後に 乳酸アシドーシスについてまとめました。

11

事例55• 薬剤師は、メトホルミン服用患者に対して常に注意喚起し、乳酸アシドーシスの初期症状を疑った場合は、すぐに医師に伝達しましょう。

4

肝機能障害 乳酸は主に肝臓で代謝されるため、肝機能障害の患者では乳酸の代謝が抑制され、乳酸の血中濃度が上昇するおそれがあります。

15

事例50• 事例110• しかし、発生率は低く、ジャーナルの2014年のレポートによると、薬剤を使用した10万患者年あたり10例以下です。 しかし、何らかの原因でこのバランスが崩れ、乳酸が蓄積すると、乳酸アシドーシスを発症します。

10

事例126• 起こるメカニズム どのようにして乳酸アシドーシスが起こるのか? 【糖新生の抑制作用】が関係しています。

15