キューバ リブレ レシピ。 自由への革命が生み出した歴史的カクテル『クバ・リブレ』|ラムとコーク、アメリカとの友情が生んだベストマッチ

赤ワイン 適量• 炭酸の有無:あり• 一般的に、ホワイトラムで作られるキューバリブレは非常にライトでラムの風味もそこまで強くは出てきません。

最後にライムを絞って完成だ。 これが第二次キューバ独立戦争で、この時アメリカはキューバを支援。

20

下記に、カリモーチョのレシピや材料・分量などをまとめておくので是非参考にしてみてください。 そんなカリモーチョの味も、非常に飲みやすくコーラの甘さの中にちゃんと赤ワインのフルーティーさもあって、まるでサングリアを飲んでいるかのようです。

1

【ジャックコークの材料・分量】 ジャックダニエル 30〜45cc コーラ 適量 レモン お好みで適量 【ジャックコークの作り方の手順】• 作り方のコツとしては、まず最初にラムと氷をなじませるように15〜20回程度混ぜること。 キューバリブレは、英語で書くと「Cuba Libre」である。 パンチのあるラムコーク・キューバリブレを楽しみたい!という方は是非ダークラムを使って作ってみてはいかがでしょうか。

1

下記に、そんなジャックコークのレシピや、材料・分量などをまとめておきます。 キューバ・リブレの誕生年は1900年、アメリカと共にスペインを撃退し、国家としての独立へ向かっていた真っ只中に生まれました。 カリモーチョは実はスペインではとても人気のカクテルで気取らない、庶民的なカクテルとして知られています。

15

米西戦争でのスペインの敗退によって植民地の管理権をアメリカ合衆国が獲得し、キューバは実質的にはアメリカの支配下に入りましたが、形式的には1902年のキューバ共和国の成立をもって、400年以上にわたるスペイン帝国による支配から独立しました。 アメリカ生まれのコーラと、テネシーウイスキーであるジャックダニエルが合わないはずがありませんね。 使用するミントの種類は、ペパーミントでもスペアミントでも構いません。

16

コーラに加えることによって、「コク」も出てきます。 アメリカ産のコーラと、キューバ特産のラムが合体して生まれたカクテルがクバ・リブレなのである。

8

ですので、同じレシピの「ラムコーク」とはどう違うのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 【マリブ・コーラ】 カリブ海生まれのココナッツ風味であるラム「マリブ」と、 爽快感を感じるコーラとの組み合わせ。

12

1898年に終戦を迎えたキューバ独立戦争では、多くのアメリカ人がキューバに渡っていました。