鼓腹 撃壌 意味。 『鼓腹撃壌』|犬山病院

水が飲みたくなったら井戸を掘って水を飲む。 どうやら日本の政治家たちは合理的に思考し、推論するという知的習慣から急速に無縁になりつつあるようである。 治天下五十年、不知天下治歟、不治歟、 億兆願戴己歟、不願戴己歟。

9

四岳舜を挙げて、天下の事を摂行せしむ。 鼓腹撃壌の難易度 「鼓腹撃壌」は漢字検定準2級5級相当で、高校在学から小学校高学年レベルの四字熟語となります。

尭老いて勤めに倦む。 尭老倦于勤。 その歌は、 日出而作 日入而息 鑿井而飲 耕田而食 帝力何有於我哉 とうもので、現代語にすると、 日が出るとともに働きにでかけて農業を行う。

遠くから見ると、雲が大地を覆い、恵みをもたらすかのように偉大であった。

6

[ 解説 ] 帝尭陶唐氏帝嚳子也。

16

例外的にすぐれた統治者でなければ治められない国の国民であるより、どれほど愚鈍な統治者であっても人々が鼓腹撃壌をことほぐことのできる国の民であることの方が100倍も幸福なことである。

4

彼は平陽を都とした。

14

というもので、この歌を聞いた尭は自分の治世がうまくいっており、世の中が平和であることを理解したとされています。

3