聖 パトリック デー。 聖パトリックスデー(3月17日)

バンクーバーでセントパトリックス・デーを楽しもう! CelticFest Vancouver 2019 バンクーバーでもセントパトリックス・デーを毎年盛大にお祝いしています。 オーストラリアではアイルランドの伝統を誇る人々がこの休日を8日間祝い、ニュージーランド人はエメラルドボールと呼ばれる壮大な社会祝賀行事から始まり、アウトドアアクティビティやスポーツの時を経てアイルランドの伝統を祝います。

聖パトリックは西暦423年に亡くなりましたが、彼の命日である3月17日が聖パトリックスデーとして毎年祝われるようになりました。 2007年には、アイルランドと日本の外交関係樹立50周年を記念して東京タワーでも緑色のライトアップを行ったこともあります。

16

This will build on the many friendships between Ireland and Japan developed during the Rugby World Cup. イギリス [ ] にでパレードが行われてから恒例となっている。

また、アイリッシュフードはもちろん、アイルランドの伝統楽器であるフィドル(バイオリンのような楽器)やバウロン奏者によるライブが楽しめるパブもあります。 アイルランドの王にキリスト教の 三位一体の教義(父なる神と子であるイエス・キリストと聖霊はひとつである)を説明するにあたり、聖パトリックは シャムロック(クローバーやカタバミなどの葉が3枚に分かれた植物の総称)を用いたとされている。 アイルランドの食、文化、スポーツ等を、アイルランドに行った気分でお楽しみください。

(在米の私は、ちょっとガッカリ。

12

「アイルランドの使徒」と呼ばれた。

11

ギネスの缶の中には、フローティング・ウィジェットと言われる、3センチほどの窒素ガス入りボールが缶に入っており、缶を開けたときに、ボール内部の窒素ガスが、小さな穴から放出され、グラスに注ぐとクリーミーな泡が出来上がる仕組みになっています。 緑色の洋服や帽子を身にまとったり、髪の毛やひげを緑に染めたりして、飲んだり食べたりを楽しむイベントとなっています。

4

聖パトリックがアイルランドの国を独占的にヘビから追放し、実際にはアイルランドにヘビが存在しないという一般的な信念です。

19