将棋 a 級 順位 戦。 【詳報】斎藤慎太郎八段が名人挑戦へ A級順位戦優勝 :朝日新聞デジタル

第51期名人(1993年度)、連盟会長(2005年 - 2012年)• 参照: 参照: A級は以下のとおり。 即日指し直しとなり翌3時過ぎに高橋が勝利。

11

(1998年4月編入)、 (2007年4月編入)、 (2008年10月編入)、 (2012年10月編入)、 (2016年4月編入)、 (2020年10月編入)• A級で8勝1敗が複数名発生するのは史上初、プレーオフの結果は谷川の勝ち、敗れた羽生は8勝1敗を収めながら名人挑戦を逃した。 1983年(昭和58年) - 昇降級リーグが組ごとに同日一斉対局となる。 126-127, 第6章-兄弟弟子の死闘-概説(筆者:清水孝晏)• プロ免状 [ ] 対象は棋士・女流棋士・。

10

・・・の五番勝負• 司会を20年務めた。 「B級2組以下での師弟戦」および「最終局での兄弟弟子同士の対局」は行わない。 期数も名人戦に合わせられ、前期の順位戦がであったが、この期はとなった(従って、第31期 - 35期の順位戦は存在しない)。

12

羽生はこの後15連勝まで伸ばすも、同じ年度にが当時の新記録となる公式戦22連勝を樹立している。 次の第10回戦で田中は負け、郷田と南は勝ち、「64分の1」が「8分の1」になった。 7233 を大きく下回っている。

ここでいう「順位戦在籍可能な最短年数」とは、当該棋士がそのまま順位戦に在籍し続けたと仮定し、降級したり降級点を取り続けたりしてフリークラスに陥落するまでの最短の年数のことである(右表参照)。 名人位獲得歴のある棋士がB級2組以下に降級して以降も順位戦に出場し続けたのは史上初であった。

終了が深夜0時半過ぎに及ぶ熱戦となり、羽生が勝利。 なお、この珍事に因り、翌(2016年度)はB級2組の降級点の枠が1名減り、更に窪田・中田がいずれも降級点を喫さなかった為、C級1組への降級者がなしという、B級2組では8例目の事態が発生した。

10