ウーユリーフ の 処方箋 pixiv。 本当は怖い乙女ゲームの話。最終章の公開迫る「ウーユリーフの処方箋」プレイレポート

関連タグ 関連記事 親記事. 一定の友情度で各ペアの「友情ストーリー」が読める。 物売りの少女 床に伏せている母親のために、いろいろな品物を売り歩いている少女。 なお,王冠付きストーリーは有料コンテンツとなるため,本稿では割愛する。

14

乙女ゲーム「ウーユリーフの処方箋」のヒロイン。 …好き。

乃万のことを馬鹿にする面が見られる。

13

綺麗すぎてわざとだろうなと思う)が幸せになったことで、あんなに救いのないお話を見てきたのに、簡単に私が救われて、温かい気持ちになったことにとても違和感がありました。 気になる場所をタッチして調べたり,アイテムを使ったりして謎を解いていく。 大学3年生。

CV: 「ウーユリーフの処方箋」内にいる小型ロボット。 話の構造とかはさておいて、カナタは存在するし、大事にしてもいいんだ、という視点をそこで手に入れて、そこからのファンの方々の感想や創作物、で会えるみんなに触れる中で気持ち悪さの底からここまで帰ってこれました。

乙女ゲームの世界に迷い込んだ主人公・マツリと,そこで出会う仲間たちのストーリーが楽しめる。 その後の選択肢が全くタップできなくて、「バ、ババババグった!!チケットが無駄になるのでは!?!?」と別の方向にハラハラした。 少ないタップであるほど報酬は豪華なものとなる。

19

キリオは,自分がゲームの攻略キャラクターであると理解している また,マツリ自身が主人公ポジションにしては珍しく(?),かなり自信家で打算的な性格のキャラクターなので,ストーリー中に思わず「オイオイ!」と突っ込みたくなる場面も。

14