ミッドウェー 海戦 勝っ てい たら。 ミッドウェー海戦で日本軍がもし勝っていたら、

一方で、ステーキ2枚を豪快に平らげるほどの健啖家でもありました。 日本の保有する補給船の供給量から考えると、ミッドウェー攻略時点でもう攻勢限界点は越えてしまっているのです。

まず軍事費及び関係費に膨大な予算を投じますが、これは公共事業的な意味合いが強いです。

14

後にガダルカナルに投入した川口支隊や第二師団分の輸送船はあちこちからかき集めてきたもので、これらの輸送船が使い潰されたので日本の戦争経済が破綻したのはご存じのとおりです。 普通に撤退するでしょう。 これも米海軍の火力に比べて劣るものでした。

1

逆に南方方面なら、米軍からは遠く、日本軍の占領政策(後方支援・兵站輜重など)には比較的うまく行きます。 戦闘後の推薦状には「ホーネット雷撃隊は日本空母に魚雷を命中させ、日本の空母に最初に大打撃を与えた」とあり、後にホーネット隊は他の部隊から恨みを買うことになる。 ミッドウェー海戦における日本の敗因は?山本五十六と南雲忠一 この海戦で日本海軍はさまざまな失敗を重ねていましたが、主な敗因として挙げられるのは、目的が曖昧だったことでしょう。

6

同じく四空母に分乗している第六航空隊の零戦21機を使用できるよう準備を指示している。

4

一航戦の艦攻には航空機用魚雷、二航戦の艦爆には250キロの通常爆弾が装着され、各空母格納庫で待機。 そもそも勝てると思っていなかった節もありますが、軍事としては勝てる可能性が無くとも、その少ない可能性にすがるしかないわけです。 貴重な機体と200名以上の熟練搭乗員を危険にさらすことは大問題である。

4