日本 航空 123 便 墜落 事故 真相。 日航機墜落事故の真相と生存者川上慶子、落合由美の現在は?生存できた理由に迫る!

もし乗組員の被曝原因がメルトダウンした 福島原発だと したら 、当然原発周辺の人間もただでは済まず、チェルノブイリのように急性放射線障害による死者が発生し、また膨大な 被曝者が出るはずですが、そんな状況は一切起きておらず、 レーガンの被曝は何か別の理由があったとしか考えられません。

15

墜落事故のの責任者に当たる人物の発言が状況によってコロコロ変わるのはなぜなのか? という組織自体が真相を隠蔽している、そしてウソをついているとしか考えられません。 落合さんは最後に担架ごとクルクルと回転しながら十三時二十八分に無事収容された。 それでは、公式に機体を発見したとされる翌朝まで、自衛隊は一体何をしていたのだろうか。

8

そうした環境のなかで、自衛隊の不祥事は許されない状況だった。 もっと不思議なことは、米軍が墜落直後に横田基地から輸送機を現場に飛ばし、上空から山が炎上するのを確認し、自衛隊に通報するとともに、米軍輸送機の誘導で厚木基地を飛び立った米軍の救難ヘリが現場に到着しているのだ。

13

シートベルトが体に食い込んでお腹がちぎれそうに苦しい。 と語り、専門家ですら理解できない状況が起きており、 阪大の准教授が、東日本大震災の余震データを捏造していたことが明らかにされたように、311が 自然の地震ではなく、戦前すでにアメリカが実用化していた地震兵器だと明確に私は結論付けました。

11

つまり、この異常な自衛隊員の大量自殺は、航空自衛隊の戦闘機によるミサイルの誤射が原因だとする説を主流にした。

7

そのときに保存していたニュースを再掲する。 壊滅的な垂直尾翼の破壊は機内高圧空気の流出では起きない。 肺から空気が吸い出されたり、頭痛がひどくなり、鼓膜が破れたり、という苦痛を伴うことになります。

19

12 暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!88 戦後70周年が間近に迫っている・・・ 同時に、 もうひとつの戦後が、今日である! 日航機123機墜落事故は、 ひとつの戦いであった?! それが30年目を迎える・・・?! 戦後?? そういうことだ。 そして未来のためにともに考えてほしい。

6