ノストラダムス。 未来からの最終警告Ⅱ 第七章 「シーザー・ノストラダムス」

予言の中にはもちろん中には完全にデタラメなものも含まれています。

16

肖像画の下には四行詩が添えられている。 1789年 - が始まる。

15

1999年人類滅亡予言を外したことで、世間から顧みられることが少なくなったノストラダムスであるが、人類滅亡予言には異論もあり、決して予言が外れたわけではないと解釈する者もいる。 当時数多く作成されたホラポロの訳書の一つだが、韻文形式で訳すという他に例のない手法を取り入れているため、ホラポロの研究者からも注目されたことがある。 「ノストラダムスの大予言」により、多くの日本人が1999年に人類が滅亡すると信じ、あるいは信じずとも気にかけていました。

19

1791年 - ノストラダムスの墓が荒らされる。

。 その他の世界の偉人ははこちらから 関連記事 >>>>. 双眼を奪われた公爵はミラノで鉄の檻に。 1518年?(15歳)アヴィニョン大学に入学。

息子セザールが描いたを携えるノストラダムス(部分)。 ノストラダムスが生きた時代は、まるで今日のコロナ禍のように、ペストが猛威を振るっていた。 予言と占星術 医者としての活動を続けながらも、後半生では 医学を基にした著作の執筆や、1年間を占う 預言書の出版によって著名になっていきます。

15