彫 だい。 大正新脩大蔵経

彫は全て手彫りで、どの干支にも目玉に真鍮で象嵌がされています。

19

代に蜀()で開版された漢訳大蔵経である『開宝蔵』を最もよく保存していた朝鮮の再彫本を底本としつつ、日本にあった各地・各種の漢訳をすべて調査校合した、民間人の手による、「漢訳仏典の総集」とも言えるものである。 順次入手しますのでその都度御紹介しています。

8

その歴史は古く、千数百年の歴史を持つと言い伝えられています。 『目録部』(全3巻) 参考文献 [ ]• 犀の籠彫は彫師が選んだ霊獣であろうか。 大正大蔵経、 大正蔵とも。

13

(No2145-No2184)• 左の写真をクリックするとそのハンマーをご覧戴けます。

11

(No425-No847)• 首の長さと釘抜きの角度にご指定があり、何回かスケツチを描いてやり取りの後に造ってもらいましたら、とても気に入って戴きましたのでご紹介します。 焼入れが良いので硬度はシッカリしていますし、仕上がりも最高です。

5

』 カクイ印のハンマーが出来なくなりましたが、カクイ印の仮枠用の柄のご注文を頂きます。 全て当社がサンプルを提示して三条の職人さんに造って頂いたものです。 その流派は左甚五郎を始祖とする「和泉家」である、その身分は幕府作事方棟梁であった。

7

『カクイ印の黒檀柄と竹柄を他社の仮枠ハンマーに仕込みました。