和 三盆 と は。 糖の伝統! 和三盆や三温糖を知っていますか?

の搾りを煮つめてつくった半固形状、あるいは微粒子の混ざった半流動の糖 しろしたとう に、水を加えて昔ながらのですることを繰り返してつくった。 和三盆の、、、、、など、知っておきたい和三盆の基礎知識。 和三盆糖の保存方法を教えてください。

15

そのほかにも、コーヒーや紅茶の砂糖、寿司屋の玉子焼き、蕎麦屋の割りしたなど、幅広く利用されてきています。 成育した砂糖黍は十二月の収穫期に根ごと引き抜き収穫します。 和三盆が初めてつくられたのはである。

8

十二月、製糖所砂糖黍受け入れ開始。 白菊印和三盆 「白菊印和三盆」は大無類和三盆に次ぐ、上質な和三盆です。

和三盆糖は不純物を取り除く精糖を経て作られますが、手作業で行う精糖ではショ糖以外のミネラルなどの成分もほどよく残り、ほのかに黒砂糖にも似た独特の味わいになります。 「和三宝」から、彼らの熱意や素晴らしさを感じ取ってください。 一つの工程に一週間かかるので、和三盆が完成するまでには、多くの手間が費やされています。

1

和三盆は四国の特産品なのです。 圧搾する作業と研ぎという糖蜜を抜くの作業を3回繰り返すことが多く、和三盆と呼ばれるようになったと言われています。 日本に茶道ができたのは鎌倉時代の頃でした。

7

和三盆糖とは、徳島と香川県の一部で現在も栽培されている在来品種であると呼ばれる砂糖黍を原材料に、現在も機械等をあまり使うことなく作られている数少ない国内産の砂糖です。

13

この地方にこの砂糖黍が入植されて既に二百余年と言われています。

4

和三盆の特徴 和三盆とは、在来種のサトウキビ「竹糖(細黍)」からつくる、淡い黄色をした砂糖です。 これは非常に高価であり、上述したように100g入りで1620円もするため、価格面では他の製糖所のものとは比較にならない。 糖蜜をほどよく不完全な状態で残すのが難しく、職人の手作業が必要。