早春 賦 意味。 「早春賦」はなぜ今も音楽の教科書に載り続けるのか?

いかにせよとの この頃か。 待ちわびた春の到来を祝っているようですね。 春は名のみの風の寒さや。

8

春と聞かねば知らでありしを。

4

立春を前に、もう春はすぐそこまで来ているようです。

5

光の微妙な移り変わりを捉えてことばにする昔の人々の感性の素晴らしさには驚かされますね。

19

あけぼのが過ぎて空が明るくなる頃は「朝ぼらけ」と区別してよんでいました。 最後にもう一つカナエの好きな早春の歌を。 「詩を賦する」「賦詠」。

15

単に「月賦」とも呼ぶ。

5

そんな時に感じる気持ちの歌です。 同日に作曲された「3つのドイツ歌曲」(k596,K597,K598 の一つ。

7

ぜひ、お聞きください。

全ひらがなで歌った結果 小学生のひまわりの脳の中は、こんなイメージでした。

14