テルモ 電子 体温計 電池 交換。 電池交換できない体温計(テルモ電子体温計C205)の電池交換をしてみた☆

カットにはプラモデル工作で使うタミヤの精密ノコギリを、 タミヤのデザインナイフの柄に挿して作ったノコギリで行いました。

14

体温計を廃棄する際は、各自治体のルールに従って適切に廃棄してください。 新型コロナウイルスの感染が拡大して検温する事が当たり前になりました。 メーカー非推奨ではありますが早速試してみることにしました。

16

そしてここから先は力加減を間違うと体温計の基板に傷が付きかねません。

1

画像があれば分かりやすいのですが、言葉で説明するとどうも長くなります。 更にノコでカットしてみます。

6

テルモ電子体温計C231 本体と収納ケースを洗う際は、水で洗い、収納ケースに収める際は、乾いた布等で水気を拭き取ってください(防水:IPX7)。 特に「P265」「P330」はコインでカバーを開閉できるので、電池交換が簡単です。

外したネジはとても小さいです。 テルモ電子体温計C205 収納ケースから取り出すと電源が入ります。 ねじを外すと蓋が外れます。

20

これを買った当時は体温計=テルモって感じでしたが今はアマゾンなどを見ても中国メーカーだらけで日本のメーカー製がとても少なく感じます。 電池を用意して近日中にチャレンジしてみます。 電池交換の手順は蓋を外して古い電池を取り出して新しい電池に換える。

5

テルモ電子体温計P330 (メロディ音体温計) 電源スイッチを押したとき、「ピッ」と電子音が鳴っているかどうか確認してください。 Panasonic製の電池です。

これを交換したかっただけなのに・・・仕方がありません。 電池は極小ドライバーなどでできる限り後方にずらせばあとは爪で(爪が無理ならラジオペンチで)つまみ出せるはずです。

14