東北 本線 運行 状況。 JR東北本線(上野−盛岡)の遅延・運行状況

(通過) - 間は経由。 郡山ビッグアイが駅そばに見える。 路線データ [ ]• 直通先は 正式路線名である。

つまりICカードにチャージして乗車した場合には乗車区間が確定しないため振替輸送を利用できません。

8

大宮駅 - 東仙台駅間• 管轄・路線距離(): 全長572. 東海道本線電車線およびと一体化し大宮駅 - 大船駅間を結ぶ。 :東京駅 - 大宮駅間(尾久駅経由の列車線・京浜東北線・埼京線をすべて含む)• この結果、東北本線在来線は東京駅 - 盛岡駅間の全長535. 東京駅 - 日暮里駅 - 尾久駅 - 赤羽駅 - 黒磯駅• 長町駅 - 仙台貨物ターミナル駅 - 東仙台駅間• 国有化後の(明治42年)には 国有鉄道線路名称(明治42年鉄道院告示第54号)により、当線は主な経由地(・・・青森県)の地方名として定着していた「東北」を冠し「東北線の部 東北本線」となった。

19

強調した区間が東北本線内を表す。 (旅客営業規則による):矢吹駅 - 平泉駅間、岩切駅 - 利府駅、松島駅 - 高城町駅間• 京浜東北線などと並行する以南では一部の駅のみ停車する。 係員の取り扱いミスや車両・電気設備の故障といった部内原因は23%という結果となった。

12

Suica仙台エリア: - 間、一ノ関駅、平泉駅、岩切駅 - 利府駅、松島駅 - 高城町駅間 JR東日本の各支社の管轄区間は以下のようになっている。 Suica、PASMOのICカードの場合、定期券で定期券区間内をご利用になる場合のみ、振替輸送が可能です。

13

は以前は小さな宿場がある寒村に過ぎなかったが、明治初期のの開削により現在では日本有数のの生産地となり、何より県の中心に存在することから相次いで、、高速交通網の整備がなされ、南東北の一大交通拠点都市として発展した。 特急「」 : - 田端駅(通過) - 大宮駅間• 途中の沿岸区間は、 - と八戸以北である。

18