どんぐり の 背 比べ。 【団栗の背競べ】(どんぐりのせいくらべ)

今回のテスト、 みんなどんぐりの背比べで先生ちょっと悲しくなっちゃった。 そう、「どんぐりの背比べ」が使われているのは、全て 「大差がない低レベルな争い」なのです。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたか? 「どんぐりの背比べ」の意味や語源・使い方を見てきました。

お知らせ どんぐりを並べて背を比べてみよう こんばんは。 《広辞苑・第六版》 「ドングリの木」という種類の木があると思っていました。 それに気が付くかどうかは、どれくらい真剣にそれを 見ているかという見る側の問題なんです。

よい意味での使い方、つまり みんな優れていて選びにくい という場合、 いずれ菖蒲か杜若 (いずれあやめかかきつばた) という慣用句を使えばいいでしょう。 このお話の中にはほめるとか認める事にかかわる場面がたくさん出てきます。 『目クソ鼻クソを笑う』が正しいです。

13

「どんぐり」たちは、大きさや形に大した差がなく、小さくコロンとしています。 それをこんなろくでもない 意味に使うなんて、 じつにけしからん慣用句ですが、 そうは言いながらも けっこう使う機会ありますよね。 千差万別といえるほど様々な形や大きさのあるドングリを「どれもこれも似 たようなもの」だの、「大したことのないもの」だというのは、それをいう ものに見る目の無いことを物語っているだけだと思います。

優れたものが数多く集まった場合、これもどれも同じものばかりとなりますが、「どんぐりの背比べ」とはなりません。

どんなシーンで使用するのが正しい使い方なのでしょうか? どんぐりの背比べの使い方・例文! どんな状態を比べて「どんぐりの背比べ」と表現しているのかに注意して、例文を見ていってくださいね。 また、そのさま。

5

並べてみると、大きさや形に大差がないことが余計に浮き彫りになりますね。

17