ピーター ショルツ。 「D加群」理論で代数解析学に貢献 柏原氏にチャーン賞:朝日新聞デジタル

nui-icon--isekm-reason-industry,. また、2014年12月には、望自身が海外の研究者に対し、虚心坦懐に一からを理解しようとしない、という批判をで展開している。

9

2012年、博士号を取得した直後に24才で当時のドイツ最年少教授となった。 私が見聞きしたところでは、現在、既存分野(即ち以外)における望月の研究の自明でない結果についての最短の「概念実証」では、を確立するために300ページ以上の議論が必要、とのことである。 国際数学者会議での日本人の受賞は、2006年にガウス賞を受賞した伊藤清さん以来。

5

その証明を理解したと主張する人は、説明が言葉足らずであることを認めようとはしない。 以下のような記事が、朝日新聞のウェブページに掲載された。

1

12」で重大な思考エラーを犯していると 目をつけていましたが、 そんなことは、ベテラン教授たちがすでに見つけているだろう、 と若干24歳だったシュルツ氏は 特に言及しませんでした。 : Peter Scholze、。

17

後にそれは「未来から来た論文」 と呼ばれることになるわけですが、 「宇宙際タイヒミュラー理論」により 「ABC予想」を解決したと主張して、 数学界に大変な激震が走ったのです。

18

論文は、国際的な専門誌が7年半かけて検証し、正しいと認めたものの、一部の数学者は納得していない。

18

ちなみに、ショルツが言及した山下氏が海外の研究者と2015年12月にオックスフォード大学でやり取りした時の様子はで報告されている。 それで、この理論が有名になるきっかけは、 2012年8月30日に遡ります。

17