一番楽に死ねる方法。 痛くない、苦しくない死に方はあるので安心して。

「会社に行きたくない」、「嫌だ嫌だ」、「早く帰りたい、いますぐ抜け出したい」と思う日々を送り、ふと気づくと自然と涙がでることが多く、 病院にいくとうつ病と言われました。 死にたい人の人生助けられるわけでもないのに、一生生きてくだけのお金のサポートもできないくせに、何の責任もとれないくせに、 世間様は生きることを無理やり押し付けてくるのです。

10

「死ぬな」という人も、死にたい人を根本的には助けられない。 その子にとって私は味方になりえなかった。

14

私と通話して互いに「またね」と言った翌日、その子は練習していた首吊りに成功した。 自分という人間を苦しませられる人は、 他人という人間も苦しませる事が出来てしまうから。

17

12人の赤軍兵士を「行動が革命的ではない」などの理由で殺害していたことを自供し、同年9月には東京拘置所に移され、裁判を控えていました。

13

「痛みを取るために使われるモルヒネの使用量は、先進国の中でも日本は非常に少ないのです。

過去の記憶があるのにあることを信じてもらえなくてつらくて自殺したい人は、信じてもらえなくてつらい気持ち、そのつらい気持ちを受け止めてくれる人に出会えれば解消されるでしょう。 首つり、絞首、窒息といった自殺をした人は以前にも同じ方法で自殺未遂をしていたものが多く、首つり、絞首、窒息といった自殺未遂者の男性の54%(258人)、女性の57%(125人)が後に自殺に成功して、87%(333人)は未遂後1年以内に目標を達成していた。 そんな生活から抜けたく、すさんだ道、社会復帰してからの世間では受け入れてもらえなくパワハラ プライベートでも常に上手いように利用され、浮気、金が戻らない、など、最終的に他人呼ばわり 借金、財産売却して、いいように結婚詐欺、もう50歳目前、何が楽しい?生きてる意味、価値もない 精神疾患を起こして、はや10年ちかく、もう終わりたい、疲れた、何もかも嫌だ。

10