セイヨウ オトギリソウ 食品 名。 「健康食品」の安全性・有効性情報

安全性について• また、以外の医薬品についてもSJW含有食品の薬物代謝酵素誘導により影響を受ける可能性があることから、医薬品を服用する際にはSJW含有食品を摂取しないことが望ましい。 Tatsis EC, Boeren S, Exarchou V, Troganis AN, Vervoort J, Gerothanassis IP, 2007. イリノテカン Irinotecan やイマチニブ Imatinib を含む一部の抗がん剤• こちらは、新しい薬はあんまり入ってないですけど・・。

9

4.の医薬品を服用中でSJW含有食品を摂取している患者は、SJW含有食品の急な摂取中止により好ましくない症状が現れるおそれがあるので、十分な注意を払いつつSJW含有食品の摂取を中止する必要がある。 セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)の薬物相互作用の原因 セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)は、 「気持ちが楽になる」 「リラックスする」 などの目的で摂取されていますが、エビデンスが不明確のため、薬理作用には深くは触れませんが、薬剤師としてセントジョーンズワートの一番の注意点、押さえておく事は、 なんといっても 薬物相互作用です。 原産地であるヨーロッパをはじめ、アジアや北アフリカに300種類以上分布しています。

12

注意! 1 データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁. 2 以下の情報は現時点 最終更新日時 で調査できた素材の科学論文情報です. タンニン ポリフェノールの一種。 薬と食品・健康食品には、一緒に飲んだり食べたりすることで薬の効果を弱めてしまったり、思わぬ 西洋おとぎり草含有食品一覧, オトギリソウ 日本漢名は「弟切草」と書く [1]。 "セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と医薬品の相互作用について" 報道発表資料. また、健康食品やハーブとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョウーンズ・ワート)は同じ分解酵素を増やすため、血中濃度が低下し、作用が減薬してしまう恐れがあります。

2

94)。

16

報告されている最も一般的な副作用は胃腸症状、目まい、意識混濁、けん怠、鎮静である。 ハイパフォリンが主要な原因物質で、それが有効成分でもある。

15

現時点で得られている科学的証拠(エビデンス)によると、過敏性腸症候群、慢性C型肝炎ウイルス(chronic hepatitis C virus:HCV)感染症、HIV感染症および社会不安障害などの一部の疾患に対してセントジョーンズワートが有用ではないことが示唆されています。