ティモシー シャ ラメ 映画。 ティモシー・シャラメ、若きウィリー・ウォンカ役に決定『チャーリーとチョコレート工場』前日譚映画

高校卒業後、ジェイソン・ライトマン監督作「ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界」(14・日本劇場未公開)で映画デビューを果たし、SF大作「インターステラー」(14)ではマシュー・マコノヒーの息子役を演じた。 コロナ禍で延期され、7月6日から17日まで開催予定のカンヌ国際映画祭では、ウェス・アンダーソン監督作『The French Dispatch』がプレミア上映されることになっており、公私ともに順調のようだ。 どんな役でも美しすぎるシャラメがたっぷり見られる映画をピックアップ!(平沢薫) 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(2019) Photography by Jessica Miglio C 2019 Gravier Productions, Inc. 人類が地球以外の惑星に移住して宇宙帝国を築いたこの世界では、1つの惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれていた。

6

確かに敷居は高い。 フランス人の父とユダヤ系アメリカ人の母のもとニューヨークで生まれ育ったティモシー・シャラメは、親戚に映画関係者がいたこともあって、子役として早くから活躍した。

恋する女の子にマヌケなジョークを言ったり、警官に車を止められてマジにビビるなど、初々しい表情が続々。

13

シャラメの出番はそんなに多くはないが、ファン必見なのは、実際の本人とはまったく違いそうな「イケてない引っ込み思案の男子高校生」役のシャラメが見られるから。 コメントを寄せたのは、樋口真嗣、山崎貴、神山健治、荒牧伸志、小島秀夫、柴山智隆、牧眞司、立原透耶、RAM RIDER、三上丈晴。

11

期待の若手俳優ティモシー・シャラメが、『チャーリーとチョコレート工場』 05 の前日譚として描かれる映画『Wonka』でウィリー・ウォンカ役を演じることが明らかになった。

10

音楽が良い。 女性教師の目線に同化して映画を観れば、シャラメにまっすぐ見つめられてドキドキする気分も疑似体験できる。 そしてメランジを守るように突如現れすべてを飲み込む巨大なサンドワームの存在は! 『シークレット・チルドレン 禁じられた力』(2015) 『』(2017)の撮影監督が、森の中で家族だけで暮らす超能力を持つ兄妹を描く不思議な雰囲気のファンタジー。

3