天皇 陛下 の ライフ ワーク。 半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ

加藤官房長官は会見で、西村長官の発言について問われ、「宮内庁長官のご自身の考え方を述べられたと承知をしている。 それから15年後の1764年頃には、かのモーツァルトがロンドンに約1年半住んでいることからもわかるように、英国は産業面だけでなく芸術面でも発展しており、音楽を王室も高く評価していたことがよくわかりますし、現在の英国王室メンバーも、さまざまな音楽団体の名誉総裁を務めるくらい熱心です。 タイトル通りご関心は、世界の水に広がっています。

6

しかし本書は、戦後の日本が国際社会で存在感を高める中で、皇室の国際的活動がいかに大きな貢献をしてきたかを見事にまとめた、他に例を見ない力作である。

8

翌年、この経験を振り返り、「水に関する問題が実に多岐にわたることに驚かされました」と述べている。 09年の会見では水問題を「ライフワークとしていこうと思っている」と明言し、「皆さんの理解を深めていただくため国内外で講演などを行ってきている」と、活動に自信を示した。 なぜなら日本の皇室を尊敬しているからだ」と述べたという。

「ハゼ科魚類の進化」(昭和59年,日本産魚類大図鑑の出版を記念し,発行者の要請により寄稿された和文小論),「日本産魚類大図鑑(図版,和文,英文の3冊組)のハゼ亜目魚類の項目(初版:昭和59年),同(第二版:昭和63年)を共同でご執筆,「日本の淡水魚ーその分布,変異,種分化をめぐってー」(昭和62年,単行本)のチチブ類の項目をご執筆,「日本産魚類検索-全種の同定-」のハゼ亜目魚類の項目(初版:平成5年),同(初版補訂第二刷:平成15年),「日本産魚類検索-全種の同定-」同(第二版:平成12年),同(第三版:平成25年),「Fishes of Japan with pictorial keys to the species, English edition」同(英語版:平成14年)をそれぞれ共同でご執筆,「小学館の図鑑Z 日本魚類館」(平成30年)のハゼ科チチブ属のシマハゼ類とチチブ類の項目をご執筆になっています。 *** 本のタイトル(『皇室はなぜ世界で尊敬されるのか』)を見て、よくある日本礼賛本と思われる方もいるかもしれない。

17

加藤官房長官は6月24日午後の会見で、発言は「宮内庁長官自身の考え方だ」との見解を示し、安全安心な大会開催に向けて準備を着実に進める方針を強調した。

西村長官はきょう午後の定例会見で、「天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変ご心配されておられます」「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念されている、心配であると拝察いたします」と述べました。 原因は「最近家族のことで、ちょっとした悩みがある」、「仕事が忙しい」などはっきりしています。

19

なお,昭和61年に同協会の名誉会員となられたほか,オーストラリア博物館の名誉リサーチ・アソシエート,ロンドン動物学会の名誉会員,アルゼンチン自然科学研究所の永久名誉会員となっておられます。 卒論は「中世瀬戸内海水運の一考察」。

8