渋谷 川。 新宿御苑から渋谷駅へ…東京のど真ん中を流れる「渋谷川」の暗渠には何がある?(文春オンライン)

かつてはそこで白金分水と合流していましたが、今では敷地を出る地点から水は暗渠に入っていきます。 「水鳥の沼」は現在では湧水が涸れてしまい地下水をポンプアップして維持していますが、流れ出す小川には途中あちこちから、じわじわと湧水も加わっているようです。

19

9月より、の付近に漏出している地下水の放水を開始。

12

この「はぁとぴあ原宿」の辺りは、明治 39年まで芝川が北から真っ直ぐに流れ込んでいた土地で、ここで余水川と合流して穏田川になりました。 水生の連続的な再生と脆弱な生物の多様性が輝きを取り戻すことを目的に始まるのであるが、国連の提唱するSDGs(持続可能な開発目標)が叫ばれる中、世界のを代表する都市の中ではいちはやく、今後私達が進むべく道を示したものとして高く評価されるものと考えられる。

プログラマーアイドルを名乗るだけあり、オンラインでの旅体験を実現するイベントを開きたいと言ったら快諾していただけました。

19

たとえばこんな風景。

9

表参道を歩きながら江戸時代から明治初期までの渋谷川を紹介。

お出かけ:渋谷駅前で、渋谷川の暗渠の蓋を開けて工事をしていると聞いて、ドバイのらくださん、さっそくやって来ました。 まずはJR渋谷駅から出発 渋谷川を渋谷駅のすぐ南から眺めたのが、こちら。 白金分水 - 現在の目黒の日の丸自動車学校の南南東の品川区上大崎2丁目21付近から狸橋付近に向けて流れていた水路。

5