柴田恭兵 肺がん。 柴田恭兵ガン再発!?抗ガン剤治療を続けるも体調が優れず自宅療養!

普段はおどけたような態度ですが、部下を信頼する人物。 現在も入院中で、ドラマの共演者とスタッフあてに「肺がんは初期段階で、術後の経過も順調です」という内容の手紙が届いたという。 今後の予定は、入ってないということですよね。

末期になってしまうと、もはや手の施しようがなくなってしまいますので、そうなる前に手を打てるようにしておきましょう。

8

その後、1984年に次男が生まれ、1987年に長女が生まれたのだそうです。 しかし、柴田さんはそのようにチンピラを演じたのと同じ年の1986年にはヒット作の「あぶない刑事」に出演をして真逆の刑事役を演じて大ブレイクをしています。

7

そして、そんな柴田さんは奥さんの連れ後の長男と亡くなった次男の鮎さん、さらに長女をもうけていると言われているそうです。 仕事ができるような状況ではない、ということなのでしょうか。 そして、その時に柴田さんがクランクインしたのが代表作の「あぶない刑事」シリーズ作品の「まだまだあぶない刑事」になるのですが、息子さんを亡くした悲しみを一切表に出さずに映画の撮影に入ってすべてのシーンを演じ切るというのはさす一流の役者ですよね。

13

そして、番組のスタッフが柴田さんにそのことを伝えると柴田さんは怒るどころか、それは生田さんの勘違いでビールをこぼしたのは自分だと言うなどして生田さんのことをフォローしていたのだそうです。

7

しかし、見事に克服しあぶない刑事として帰ってきた柴田恭兵。

2

生年月日 1951年8月18日(69歳)• タバコを吸う方はもちろんですが、タバコを吸わない場合であっても、40歳を越えたら年に1度の検診は受けておくことをお勧めします。

10