シータ ミッツ ァイル。 【デュエルマスターズ】シータミッツァイルのデッキレシピと簡単な解説 (12月5日更新!)|デネブログ

バウンス効果は強制なので、その点は注意しましょう。 このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。

1

]デッキ紹介と各カードの解説 さて、そうしてなんやかんやで完成した山がこちらになります。

4体以上のGRクリーチャーが現れれば、その効果でバトルゾーンの数はさらに膨れ上がるはずです。

11

どんなデッキを紹介しても「 でもそれミッツァイルに勝てなくね?」という。 こんにちは、神結です。

3

あえて使わないという選択も状況によっては必要です。 GP9thもシータミッツァイルがおそらく最大母数でしたでしょうね。 赤青覇道、赤白ビートと言った速攻デッキに対して。

次のターン《MANGANOー CASTLE!》を打たれても、 《知識と流転と時空の決断》の2回GR召喚によって守りきることが出来ます。 序盤のマナブースト• 又、今回はかなりデッキが呪文寄りの為プーンギを警戒し、2コスの初動の片方をクリーチャーにしました。 さらに、GRゾーンのマナドライブ6で、クリーチャーを展開出来れば一気に《BAKUOOONミッツァイル》まで繋げられます。

」が発売。

14

いや、まあ それはみんな知ってるんですよ。

12

後攻5ターン目までに2コストブーストを引く確率は約97%あり、どこかで2コストブーストがくっついていれば6マナに達成することができた上に、相手に 《ガヨウ神》を引かれていなければ、 《アイアン・マンハッタン》から負けに直結するまでまだ時間がかかったはずなので、とても悔しい結果に終わってしまいました。 ただ・・・ドギラゴン剣よりも汎用性高い上に『恩恵を得れる部分が大きい』のもあってとりあえずぶん殴って終わりって場面も多かったりしたのはユーザーにとっては『良いこと』かどうかは正直微妙でした。 出典: 6マナたまったら、いよいよGRクリーチャーの出番です。

12