通夜 挨æ‹ļ。 å–Ēä¸ģぎ挨æ‹ļはīŧŸé€šå¤œãƒģč‘Ŧ儀ãƒģ告åˆĨåŧã§å–Ēä¸ģãŒčŠąã™æ–‡äž‹ã‚’į´šäģ‹

そしãĻ、æœŦæ—ĨもこぎようãĢįš†æ§˜ãĢお集ぞり頂きぞしãĻ、故äēēも感čŦã—ãĻいるもぎと思いぞす。

8

æļ™ãŒé€”中でこãŧれãĻしぞãŖãĻも、故äēēぎæ­ģã‚’æ‚˛ã—ã‚“ã§ã„ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§å¤ąį¤ŧãĢはあたりぞせん。 通夜やč‘Ŧ儀ぎä¸ģå‚Ŧč€…ã§ã‚ã‚‹å–Ēä¸ģは、常ãĢ故äēēぎそばãĢäģ˜ãæˇģい、故äēēぎäģŖわりãĢåŧ”問を受けるというåŊšå‰˛ãŒã‚りぞす。 これよりįˆļは、大釜市å–ļ斎場ãĢãĻčŧ毘ãĢãĩされぞす。

2

【通夜ãļるぞい垌ぎあいさつ】 æœŦæ—Ĩは夜遅くぞでįĨ–母ぎ通夜ãĢおäģ˜ãåˆã„くださりありがとうございぞした。 ã“ãĄã‚‰ã¯ã€ éēæ—ã¨čŠąã™ã¨ãã§ã‚‚ãŽæ–‡ä¸­ã§ã‚‚ãŠãĄã‚‰ãĢおいãĻもäŊŋį”¨å¯čƒŊãĒč¨€č‘‰ã§ã™ã€‚ å–Ēä¸ģは、č‘Ŧ儀でぎ席æŦĄãŽįĸēčĒã‚„䞛芹ãĒおをįŊŽãäŊįŊŽã€åŧ”čžžã‚„åŧ”é›ģぎ順į•ĒãĒおを間違えãĒいようãĢ十分ãĢ気を配りぞす。

16

最垌ãĢãĒりぞしたが、äģŠåžŒã¨ã‚‚ごéē族ぎ斚々へぎ変わらãŦご指導äŊ•ã¨ãžã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„į”ŗし上げぞす。 20æ­ŗで逝ãŖãĻしぞうとは、あぞりãĢč‹Ĩいとも思いぞすが、18æ­ŗぎときãĢå…Ĩé™ĸしãĻäģĨæĨ、äģŠæ—Ĩというæ—ĨがæĨることは、äēˆæƒŗがついãĻおりぞした。

12

ぞた、åŧ”čžžãŽã‚ŋイミãƒŗグとしãĻは、æē–備をしたおčŒļもしくはéŖŸäē‹ãŽå¸­ãĢåŧ”問åŽĸãŽæ–šã€…ã‚’ã”æĄˆå†…ã™ã‚‹æ™‚ã¨ãĒりぞす。 å–Ēä¸ģãĢついãĻčŠŗしくįŸĨりたいäēēã¯ã€ã€Œã€ãŽč¨˜äē‹ã‚’å‚č€ƒãĢしãĻください。 ãžã ãžã é•ˇį”Ÿãã‚’しãĻãģしかãŖたと悔やぞれもしぞすが、åŽļ族ãŋんãĒで最垌をįœ‹å–ることができたぎが、せめãĻもぎ慰めでございぞす。

9

č‘Ŧ儀ぎプナãƒŗ č‘Ŧ儀į¤žãĢはįĨ­åŖ‡ã‚„æŖēぎį¨ŽéĄžã€é€šå¤œã‚„č‘Ŧå„€ã‚’čĄŒã†ãŽã‹ãĒおãĢよãŖãĻ、さぞざぞãĒプナãƒŗがありぞす。 å–Ēä¸ģとæ–Ŋä¸ģぎ違い č‘Ŧ儀ぎä¸ģå‚Ŧč€…ã¨ã—ãĻéē族をäģŖčĄ¨ã™ã‚‹äēēが å–Ēä¸ģです。 ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ有į„Ąã¯åŽ—æ•™ãĢよる 前čŋ°ãŽã‚ˆã†ãĢ、キãƒĒ゚ト教ぎč‘Ŧå„€ã§ã¯é€šå¤œæŒ¯ã‚‹čˆžã„ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ãŒã€é€šå¤œīŧˆå‰å¤œįĨ­īŧ‰ãŽåžŒãĢおčŒļč“å­ãĒおをãĩるぞうįŋ’æ…ŖãŒé€šå¤œæŒ¯ã‚‹čˆžã„ãĢčŋ‘いといえるでしょう。

10

æœŦæ—Ĩぎご列席、čĒ ãĢありがとうございぞした。

5

厉åŋƒč‘Ŧ儀 ご刊į”¨ãŽæĩã‚Œâ€ĸ 参列したことへぎおį¤ŧãŽæ°—æŒãĄãĒぎで、éĻ™å…¸ã‚’å‡ēさãĒくãĻã‚‚æ¸Ąã•ã‚Œãžã™ã€‚ å¤ĢやåĻģがäēĄããĒãŖた場合 â€Ļ 配åļ者â€ĸ čēĢ内ぎお通夜ãĢ参列する際ãĢã¯ã¤ã„č‰˛ã€…ãĒことをåŖãĢしたくãĒりぞすが、éē族へ気ãĨかいが大切です。

16