ポケモン go バトル リーグ ハイパー リーグ。 【ポケモンGO】エアームドのPvP考察【GOバトルリーグ】

ラストにはシュバルゴを採用 ラストには2体目の鋼枠としてシュバルゴを採用。

12

1匹目はガラルマッギョ ガラルマッギョはPL50の解禁により環境入りが予想されるポケモン。 通常スーパー(CP1500以下) ハイパーリーグでは、クレセリアの「 ステータスの積」が、頂点に達するため、本領を発揮できる場だといえる。 24 バトルリーグ 匿名 【ポケモンGO】バトルリーグ再開!ハイパーリーグから参戦できる模様 チート行為が明るみに出たことにより閉鎖となっていたGOバトルリーグが再開されました!トレーナーたちから喜びの声があがっています! 再開後の変更点• かくとう対策のクレセリア 3体目には他2体が苦手なかくとうタイプに強いクレセリアを採用。

ガラルマッギョはフィニッシャー 3体目にはガラルマッギョを採用。 86】 バフ・デバフ効果 【対象相手/効果対象/ 効果倍率/発動確率】 サイコキネシス 【相手/防御/ 0. 性能がいい技を覚えるポケモンが多く、等倍であれば十分にダメージを与えられるポケモン。 とはいえ、通常ハイパーには、クレセリアや A アーマードミュウツーといった エスパー枠の化け物が既に存在するため、 PL 50までMAX強化+最高の相棒という高コストを支払ってまで、スリーパーをハイパー用に育成すべきかは微妙。

1匹目はトゲキッス 初手にはトゲキッスを採用。 効果抜群となる「トゲキッス/ピクシー」の「フェアリー」タイプポケモンに有効であり、また 「つじぎり」にタイプ耐性のある「アローラベトベトン」や「タチフサグマ」にも有効です!• 耐性が多くダメージを軽減できるポケモンが重要視されます。 244140625倍 バフ・デバフ倍率 効果倍率 バフ デバフ 1段階目 1. 図鑑登録済み「伝説ポケモン」の交換コスト 仲良し度 最低個体値 ほしのすな 大親友 555 800 親友 333 1,600 仲良し 222 16,000 友達 111 20,000 トレードの時に重要なのが、トレードをするフレンドとの「 仲良し度」。

7

こちらを選択します。 小回りが利くギャラドスを採用 2体目にはアクアテールを覚えたことにより、小回りが利くようになったギャラドスを採用。 ギミックパの要人も務める GBLシーズン1(2020年3月14日~)で大流行した、 くさ 2枠の ギミックパ【エアームド・ダーテング・メガニウム】を成立させていたのもエアームドの功績が大きい。

だが、トリデプスだけには手も足もでないため、絶対に対面させない立ち回りが必要。 ブレイブバード撃ち逃げ もともと耐性の多いエアームドは、先鋒に置いて様子を見るのに適していたが、 GBLシーズン3(2020年7月28日~)からのバランス調整で、 ブレイブバードが威力の高い反動技となり、 ますます、初手にエアームドを置くのが定石となりつつある。

6

「レート」は格・等級を意味し、「レーティング」は格付け・等級付けという意味です。 かくとうタイプやフェアリータイプは苦手だが、それ以外の多くのポケモンとは互角以上に戦える点で優秀。 カビゴンを出して相手のかくとうタイプなどを誘い出すことで終盤にラグラージの攻撃を通しやすくするのが目的。

クレセリア対面は、 ねんりき型や、 みらいよち搭載型かどうかで明暗が分かれ、 エスパー技が サイコカッターしかなければ、起点にできる有利対面に一転する。 表示されたリーグ(最初はスーパーリーグのみ)を選択• バルジーナで、控えのズルズキンが苦手なフェアリータイプやかくとうタイプを誘い出す動きを取ろう。 (メタる際は自己責任でお願いします!) 対人戦でのポケモンの総合的な強さを調べるツールです。

2

ノーマルと あく以外の多くのタイプへ、等倍以上のダメージを与えられる。 特に同じあくタイプの弱点を突ける点は強力。

1