緊急事態宣言2回目。 新型コロナ対策で、2度目の「緊急事態宣言」。「一都三県」で1カ月間

東京都は緊急事態宣言が出ても1000人を超える感染者が出ていて、大阪府は500人前後となっています。 何か対策をして欲しいです。

18

前回の緊急事態宣言解除のときにはレムデシビルが承認されたばかりで、またデキサメタゾンの治療効果も分かっていませんでしたが、現在はどのようなタイミングで治療薬を使用すべきか分かってきました。 2021年3月21日をもって関東一都三県の緊急事態宣言が解除されます。 このような状況では抑制が効かなくなる」とか「もうすぐゴールと思っていたが崖の下に立たされているようで憤りを感じている」などと、強く抗議しました。

7

地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の「一都三県」 地域が「一都三県」に制限されているのは、この地域だけで、全国の新型コロナウイルス感染者の半分以上を占めているためです。

4

7月11日が期限のまん延防止等重点措置を延長する方向だったが、東京五輪の23日開幕を控え、対策を抜本的に強化する必要があると判断した。 また、同じく協会の副会長でワールド航空サービスの菊間潤吾会長は「1番の旅行シーズンとなる夏休みを前に宣言が出されるということで、大変苦境にさらされる」と述べました。

9

一足先に解除された関西圏の大阪府や兵庫県はすでに感染者は明らかな増加傾向となっており、やはり解除後における都市部での感染者数の抑制は一筋縄ではいかないことが分かります。 新型コロナワクチン配送スケジュール(首相官邸 新型コロナワクチン情報より) 4月からは高齢者の優先接種が始まることになっており、となっているようですので、うまく行けば7月には高齢者の2回のワクチン接種が完了します。

19

最後に、就業先にあると安心する対応を見ていきましょう。 菅義偉首相は7日夕、関係閣僚と協議した上で、最終的な方針を固める。

2

安倍前首相は会見で、「専門家の試算では私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる」と語った。 飲食店への営業自粛を柱にしていることについては、京都大学の西浦博教授は、飲食店の時短などに限定した「緩やかな対策」では東京都の感染者数は2月末になっても1日1300人に上るとの試算を公表しています。

6

8日に専門家の意見を聴いた上で対策本部を開いて正式決定する。

8