花束 みたい な 恋 を した 考察。 【花束みたいな恋をした】結論ネタバレと評価感想について!

麦「ずっと同じだけ好きでいるなんて無理だよ。 絹は断れず、その男と焼き肉に行くことになったが、食事をしていると突然女性が割り込んできて、一緒に食事をしていた男性と腕を組んでどこかへ行ってしまう。 「神がいます…」とサラリーマンにこっそり話しかける麦だったが、サラリーマンも女性も押井守が誰かがわからない様子。

9

てっきり、友達同士4人の集まりかと思っていたら、八谷絹と山音麦は別のテーブルで会話していたのです。

9

一度は麦から就活中の絹へ、もう一度は絹から働く麦へと語られる。 だが、よく考えれば冒頭で気づけたのかもしれない。

そんな『花束みたいに恋をした』という映画は、結局のところは一体何だったのか。

8

固有名詞は、そういう関係性を描くための一種の小道具としての役割を担っている。

9

スクリーンの上では、 坂元裕二の描く夢を見ていたい。

とにもかくにも、二人の間には、亀裂が入る。

18

麦はその言葉が頭から離れなくなった。

8