ラファエル ナダル。 ナダル中毒

そしてラファエル・ナダルは、23位のノバク・ジョコビッチの4,460万ドル(約48億円)に次ぐ、 27位にランクインし、その気になる 年収額は4,000万ドル(約43億円)とされています。

14

ナダルの成長には2人の叔父が大きな影響を与えた。 クレーコートでは無類の強さを誇り、全仏オープンではテニス史上最強の戦績を残すラファエル・ナダル。

7

ナダルの持つ「ビッグタイトル」からたった一つ欠けている、最終戦のタイトルに挑む。 2003年5月28日にマヨルカ天文台で発見された小惑星が、この島の出身者であるナダルにちなんで「」 128036 Rafaelnadal と名づけられた。 (2014年)• 中断期間にはフェデラーらとのライブチャットを配信した。

18

特にに非常に強いことで知られ、「 クレー・キング」と称される。 " 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 特に母の手作りパエリアは最高らしい。

コイントスの時にぴょんぴょん飛ぶ• 2. 飲み物を並べる位置 ナダル選手は、2つの飲み物を持っていき、絶対同じ方向で並べるんですよ。 (1983年・84年)• 5月の、でも決勝に進み、史上初めてで5大会連続決勝進出という記録を達成したが、またしてもに敗れた。 (1999年)• 初戦でゴファン相手にマッチポイント4本を凌ぐも、6-7 5 , 7-6 4 , 4-6のフルセットで敗れ、その後膝の負傷を理由に同大会からの棄権を表明した。

8

(2012年)• (1981・82年)• 同年のでも初めて決勝に勝ち上がったが、全仏に続く2大会連続の決勝対決となったに0-6, 6-7, 7-6, 3-6で敗れた(大会4連覇を達成したは、試合終了後「芝では負けられなかった」と話した)。 3回戦のハチャノフ戦でメディカルタイムアウトを取るなど膝の状態が不安視されたが順当に勝ち上がり、4回戦の戦も勝利してベスト8に進出する。

14

ナダルが4大大会初戦で敗退するのはプロ転向後初めてのことだった。

世界ランク10位以下になるのは2005年4月18日以来約10年2か月ぶり。 決勝では2年連続同一カードとなったに6-3, 5-7, 6-1, 6-1で勝利し、3連覇・12回目の優勝を果たした。 ではラウンドロビン全勝で3年ぶりに決勝まで勝ち進むも、に敗れ準優勝に終わった。

17

準決勝では昨年の同大会で敗れたディミトロフに勝利すると、決勝でキリオスに6-2, 6-1で圧勝し12年ぶりに優勝した。 ズベレフを6-1, 1-6, 6-3のフルセットで下し5年ぶり8度目の優勝、ランキングも1週で1位に返り咲いた。 決勝は過去2年のクレーで唯一敗北を喫しているティームとの対戦であったが、6-4, 6-3, 6-2のストレートで勝利を収め、全仏11度目の優勝を飾る。

15