ゼンリー 機能。 Zenly(ゼンリー)の使い方や安全性・危険性について解説!マークの意味についても!

バッテリー残量を事前に察知することが出来るので、連絡しても迷惑じゃないか?を心配する必要がありません。 ゼンリーを「あいまい」にする 「ゴーストモード」のもう一つの方法は位置情報を曖昧にして、本当の位置情報からおよそ500~1000メートルぐらいの範囲でずらしているランダムの位置でピンポイントを表します。

16

ずっと位置情報などをつけて移動しているとそこが学校という判断になり帽子マークが表示されるようになります。 あまりにも現在地が動かないことに相手が違和感を感じない限り、フリーズを利用していることは気づかれないでしょう。 子どもの通学路などをチェック それぞれ詳しく見ていきましょう。

12

再起動して時間置いて試してみましょう。 具体的には「時速50kmで北に移動へ向かっている」「時速5kmで原宿をウロウロしている」「日中に学校にいる」などの情報がマップ上に表示される仕組みとなっています。

12

削除したままでよければ何も書かれていない背景を適当にタップし、マップ画面へと遷移します。 カレンダーや予定表の共有だけでなく、位置情報まで共有する時代になったんですね! ちなみに場所の共有は「携帯番号を知っている人同士」に限定されています。 設定対象者の注意点 これは「あいまい」も「フリーズ」も共通でなんですが、「ゴースト機能」を使用する際には設定対象者を選ぶ必要があります。

11

このようにはっきりとした表示が出てしまうので、あいまい機能を使う時には注意が必要となります。

10

追加したウィジェットを長押しして ウィジェットを削除をタップしましょう。

6

ゴースト機能を適用したいユーザーを選び、画面上部に表示された「あいまい」か「フリーズ」を選ぶだけです。 あいまい機能を設定していることに気が付いた相手は「正確な位置表示のリクエスト」を送ることが出来ます。 一応必要なものをあげておきますね~• サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

15

日本にいるのに現在地がロシアなんて 信用度ゼロ。 相手に追加されたウィジェット機能を消すには ブロックまたはアンインストールがオススメです。

5