四日市 殺人 事件。 三重県警 バラバラ 殺人事件 三重県警

四日市南署員が駆けつけると、川瀬さんの妻で同病院総務 医師宅に強盗、テープで縛られた妻死亡 三重・四日市 22日午前4時10分ごろ、三重県四日市市小古曽3丁目、山中胃腸科病院医師川瀬昌宏さん(64)の自宅で「女性が殺されているようだ」と、隣の住人から110番通報があった。 1人でやりました」と容疑を認めている。 同日、家裁は2週間のと少年審判を開始する事を決定した。

朝日新聞も2010年に現場近くで未解決になっていた事件をおこしていたことを報道している。

4

捜査本部は、仙石 直也が1日に高校を卒業するのを待って、2日午前中に任意同行し事情聴取、自宅を家宅捜索した。 取り乱した様子はなく、反省の言葉も口にしていないとの事。 少年の供述によると、少年は14日朝、自宅1階で、受験に絡んで母親から小言を言われて口論となり、朝食を持って、2階の自分の部屋に戻ったという。

「非行の態様、少年の資質、性格上の問題点、生活環境、反省状況などを総合的に考慮した」が決定理由である。 同級生らは「信じられない」と動揺していた。

10

県警は15日午後に司法解剖して死因を調べるとの事。

2021年07月08日 建造物侵入、窃盗(事務所荒し)被疑者の逮捕(松阪署) 5月31日夜のはじめ頃から翌6月1日朝までの間、松阪市佐久米町において、工事の現場事務所に侵入し、タブレット端末など17点を盗んだとして、7月7日、男(70歳)を逮捕した。

18