コルト スナイパー。 【使用感レビュー】コルトスナイパーXRの特徴や魅力を解説します!│yuublog

06フィートの4種類です。 5 本記事は『 【シマノ コルトスナイパーXR インプレ】ダルさや疲れが軽減されたショアジギングロッド』について書きました。

そして、リフトパワーがかなりあります。 不快なブレやパワーロスが徹底的に抑制され、このゲームで重要視される遠投性・操作性・パワーが飛躍的に向上。

6

シーバスロッドとの兼用も十分可能ですよ。 釣りレベルを想定しながら、最適なモデルを知っておきましょう。

19

4つ目のフォールは、フォールさせてターゲットとするレンジで誘い出すことがポイントです。

12

S100H. S100M• 対象魚種:シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ ワラサ イナダ• フロントグリップが少し短く感じる 大物とのパワーファイトになってくると、魚をリフト(浮かす)のにフロントグリップを支点にする必要があり、そこそこの長さがあれば、アングラーへの負担が少ないのですが、XRはバットパワーの割に少し短いかな?と感じる部分があります。

15

10000円ほど高くなりますが、最新技術にこだわるなら、コルトスナイパー XR、あまりこだわらなければ、コルトスナイパーSSでいいんじゃないのかな、と個人的には思います。 ここでは、コルトスナイパーの主な3つの種類を解説します。

5

ルアーアクションは、やはりティップ部分が硬すぎるとアクションをつけづらいと感じたこともあり、プラグ中心でと考えるとPSで良かったのかなぁ。 ロック方向とオープン方向があり、ねじ込む方向があるんです。 ハイパワーX・スパイラルX構造を搭載していることから、ロッドの剛性・耐久性・パワーなど性能には目を見張るものがあります。

ターゲットのパワーに負けないよう、基本性能として搭載されているハイパワーX・スパイラルX以外にマッスルカーボンも採用しました。 タダ巻きで使うなら問題ありません。 は遠投性と操作性が高い性能を持っていました。

3