袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳。 宇治拾遺物語『保昌と袴垂』(1)解説・品詞分解

希有の人かなと思ひて十余町ばかり具して行く。 その後、袴垂は捕らわれましたが、この人物のことを話しました。

4

テスト勉強の参考にして、頑張ってください!!. 十月ばかりに、 衣の用ありければ、衣少しまうけんとて、さるべき所々うかがひ 歩きけるに、夜中ばかりに、人みなしづまり果てて後、月の 朧なるに、衣あまた着たりけるぬしの、 指貫の 稜はさみて、 絹の 狩衣めきたる着て、ただ一人笛吹きて、行きもやらず練り行けば、「あはれ、これこそ我に衣得させんとて 出たる人なめり」と思ひて、走りかかりて衣を 剥がんと思ふに、あやしくものの恐ろしく覚えければ、そひて 二三町ばかり行けども、我に人こそ付きたれと思ひたる 気色もなし。

2

動きやすくなるらしい。

13

㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

十月の月の朧な真夜中のことです。

1

美辞麗句を排して、論理的に積み上げていく文章が、ある種のリアリズムの力を以て、読者に迫ってくるようなところがある。 ありさま、態度、そぶり。 いっしょに行くうちに、家に到着した。

11

とばかり云ひ掛けてまた同じやうに笛吹きて行く• べく=可能の助動詞「べし」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 自分に人がついてきていると思っている様子もない。 」と言へば、 「追い剥ぎでございます。

11